ベンツ新型Cクラスは400万円台とは思えないぐらい豪華

本田圭佑のCMでおなじみメルセデス・ベンツの新型Cクラス。“史上最高”と自画自賛した前モデルに続き、今度は“本気”になって作ったと自負する傑作です。日本では、まだセダンのみの販売ですが大人気。充実装備なのにお値打ちと評判です。そんなCクラスのステーションワゴン(日本未導入)に、ひと足早くドイツで試乗してきました!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=703562

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆もう乗り心地が悪いなんて言わせない!新型Cクラスワゴンアウトバーン試乗記

ベンツ 7月に日本での販売がスタートしたメルセデス・ベンツの新型Cクラスは、人気グレードが早くも数か月待ちとなるなど順調なセールスを記録中。メルセデスらしさがしっかりと残されていることに加えて、最低でも1000万円以上のフラッグシップSクラスと、ほぼ同じ安全装備をつけても400万円台前半におさまる価格が人気の理由だ。

「ユーザーは安全装備にお金をかけない」と言われた時代もあったが、変われば変わるもので、今や安全装備の充実度合いがそのクルマの売れ行きを左右するまでになったのだ。

 とはいえ、新型Cクラスのウリは安全装備だけではない。

 Sクラスとそっくりの外観や内装は、とても400万円台のクルマとは思えないほどに豪華。しかも見た目だけでなく、中身もSクラス並みにシートサイズが大きくなっているから、とてもリラックスして運転できる。

 エンジンは、流行のダウンサイジング化された1.6リッターと2リッターのガソリンターボ。ボディに軽くて強い(おまけに高価な)アルミニウムをふんだんに使っているので、グイグイ走るとともに軽いぶんだけ燃費数値も伸びる。

ベンツ

速度無制限のアウトバーンで試乗したC250ステーションワゴン(本国名はエステート)は、2リッターターボで211馬力ながら時速230km巡航も余裕。日本では許されない時速100km超でのクルーズコントロールも快適だ

 ストップ&ゴーの少ない郊外なら、1.6リッターモデルはリッター18km、パワフルな2リッターモデルでもリッター16kmは、難なくクリアするだろう。

 意外なまでに高い経済性に加えて、近いうちにディーゼルエンジンやハイブリッドモデルも導入されるというから、国産車にとって強敵になることは間違いない。

 メルセデスの本拠地ドイツでも、新型Cクラスの人気は高い。ディーゼルの販売比率が高い欧州ゆえ、Cクラスもディーゼルが人気。欧州には、ディーゼルとハイブリッドシステムを組み合わせたディーゼルハイブリッドモデルもある。

⇒【後編】『日本導入は1年後?』に続く http://nikkan-spa.jp/703559

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中