「薄毛の男」に厳しい女性が多い都道府県はどこ? 3位/岡山、2位/岩手、そして1位は…

薄毛の男 夏。それは、薄毛男にとって、もっとも過酷な季節である。滴り落ちる汗や熱気にやられて、ワックスやスプレーで駆使して作り上げた少ない髪の毛がさらにボリュームダウンする魔の季節とも言えよう。

 そしてなにより気になるのが、女性からの視線。はたして、世の女性たちは薄毛男子についてどう思っているのだろうか。全国津々浦々でさまざまなデータを収集し続けるデータ集団ディグラム・ラボでは、全国47都道府県の女性2586人にアンケートを実施。「パートナーが薄毛でも妥協できるかどうか」について調査のなかで、「薄毛男性がパートナーでもOK」と答えた女性が多かった県を、ランキングで紹介したい。

●「薄毛男性でもOK」な都道府県ベスト5
1位 佐賀県 46.0%
2位 沖縄県 41.8%
3位 愛媛県 37.8%
4位 栃木県 37.2%
5位 高知県 36.0%

●「薄毛男性でもOK」な都道府県ワースト5
47位 鹿児島県 9.7%
46位 岩手県 10.5%
45位 岡山県 11.7%
44位 三重県 12.0%
43位 群馬県 12.9%

 ベスト1位の佐賀県とワースト1位の鹿児島県では、なんと約40%近くの開きが。これに対して、ディグラム・ラボの所長である木原誠太朗氏はこう語る。

「40%近くも差が出てしまうとは驚きですね。ただ、1位の佐賀県女性に関して言えば、もともと非常に現実的でクールな女性が多く、『これからの自分の人生は暗いと思う』ランキングで1位を獲得するほどシビアに物事を考える性分です。それゆえ、男性に対しても見た目よりも中身を重視する傾向があるのでは」

 薄毛を気にするあまり「人生がつらい」男性は、いますぐ佐賀県への移住をオススメしたい。

 一方、薄毛男性に厳しい都道府県に関して木原氏は続ける。

「鹿児島の女性は非常に愛情深い人が多いので、この結果はちょっと驚きですね。考えられるものとしては、『嘘をつくほうだ』という全国アンケートで鹿児島県女性はワースト1位だったため、ほかの都道府県の女性よりも、思ったことや感じたことを素直に口に出してしまうせいかもしれません。実は鹿児島の女性は、『恋人がまったくできそうにない』ランキングでも全国1位を獲得しているのですが、それにはこうした素直過ぎる性格が反映されたのかもしれません」

 なお、ベスト5・ワースト5を含めた全都道府県のランキングはこちら。

1位 佐賀県 46.0%
2位 沖縄県 41.8%
3位 愛媛県 37.8%
4位 栃木県 37.2%
5位 高知県 36.0%
6位 山梨県 35.9%
7位 青森県 35.9%
8位 岐阜県 32.1%
9位 熊本県 31.6%
10位 鳥取県 31.3%
11位 和歌山県 31.3%
12位 富山県 30.6%
13位 滋賀県 30.3%
14位 兵庫県 29.4%
15位 福島県 28.7%
16位 愛知県 27.7%
17位 秋田県 27.1%
18位 宮城県 26.7%
19位 大阪府 26.6%
20位 徳島県 23.4%
21位 長野県 22.7%
22位 東京都 22.4%
23位 大分県 22.1%
24位 山形県 21.9%
25位 神奈川県 21.9%
26位 福岡県 21.8%
27位 千葉県 21.7%
28位 石川県 21.6%
29位 埼玉県 21.6%
30位 香川県 20.5%
31位 北海道 20.0%
32位 京都府 19.7%
33位 福井県 18.7%
34位 広島県 18.0%
35位 山口県 17.6%
36位 奈良県 17.2%
37位 静岡県 16.9%
38位 島根県 15.8%
39位 茨城県 15.3%
40位 宮崎県 14.7%
41位 新潟県 13.5%
42位 長崎県 12.9%
43位 群馬県 12.9%
44位 三重県 12.0%
45位 岡山県 11.7%
46位 岩手県 10.5%
47位 鹿児島県 9.7%
※女性全体(2586人)で平均値は22.9%

 いかがだっただろうか。ただ、全国平均が22.9%ということは、10人中7人以上の女性は「パートナーが薄毛でもさほど気にしない」ということ。実際、アンケートでも「最初は気になるかもしれないが、慣れてしまえば気にならないはず」(27歳・東京都)、「丸坊主にしてしまえば、みんな一緒」(31歳・北海道)といった声も聞かれた。

 薄毛男子よ。多少の薄毛は気にせず、前を向いていこう!

【木原誠太郎】
’79年生まれ、京都府出身。電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のプランニングに携わる。2013年、ディグラム・ラボ株式会社を設立。心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム「ディグラム」の研究を進めながら、同時に事業展開。「焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!」(朝日新聞出版)、「ディグラム性格診断」(ポプラ社)、「ケンミンまるごと大調査」(文藝春秋)などを監修・執筆、フジテレビ系「性格ミエル研究所」に出演。

焼き肉屋で最初にタンを注文する女は合コンでモテる!

ディグラム分析でわかる恋愛・結婚の法則

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中