プリン体&糖質ゼロビール続々。女性が問題視する男の肥満解消にもひと役買う?

肥満 いつの間にか夏が終わり9月に突入。今年こそは夏の海に向けてダイエットに励もうと思ったが、実践する前に夏が終わってしまったなんて人も多いだろう。先だってGAメンズ品川スキンクリニックが、20代から40代の女性計1200人を対象に、男性の見た目に関するインターネット調査を行ったところ、男性の見た目の1番の問題は肥満という結果に。年代別に見ると、20代よりも30代や40代のほうが、男性の肥満を問題視している割合が多かった。いずれにしろ肥満は多くの女性に敬遠される。ブヨブヨになったお腹のままでは、女性にモテないのだ。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=705029


男性の見た目の1番の問題

年齢とともに肥満に厳しくなるが、薄毛には寛容になる女性が多いことがわかる

 そんな空気を察してか、最近大手各社から続々と登場しているのが、プリン体ゼロ、糖質ゼロを謳う機能系発泡酒だ。アサヒビールの「スーパーゼロ」、キリンビールの「淡麗プラチナダブル」、サントリーの「おいしいゼロ」、サッポロビールの「極ゼロ」は、各社肝いりの新商品で、いずれも350ml缶1本当たりの価格は約165円。普段飲んでいるビールを、こうした機能系発泡酒にすることは肥満解消への第一歩だろう。

 しかし、こうしたビールを模した発泡酒は、たとえダイエットや健康のためとはいえ、味がビールとは違いすぎるので、そう簡単にビールの代替品にはできない気も……。そんななか、あらゆる食べ物、飲み物の味を、5つの基本味に分解して数値化できる味覚センサーを開発したAISSYが、その味覚センサーを使ってビールと機能系発泡酒の味について調査したところ、下の表のように「キレ」の項目でキリンビールの「淡麗プラチナダブル」が、ビール並みであることがわかった。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=706373

ビールと機能系発泡酒の味についての調査

AISSYの調査をもとに編集部が作成

 味覚センサーの判定では、アサヒビールの「スーパードライ」が9.13と、ビールのなかでもっともキレがあるが、「淡麗プラチナダブル」も8.00と機能系発泡酒のなかでダントツなのはもちろん、ビールと比較してもサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」の8.06と同等のキレを誇っていたのだ。

味覚センサー

後ろに見える機械が味覚センサー

「淡麗プラチナダブル」は、キリンビールが9月2日に発売する「プリン体0.00×糖質0」を実現した機能系発泡酒。「淡麗ダブル」で使用していた世界初の独自の特許技術「プリン体カット製法」をさらに進化させ、プリン体99%カットからプリン体0.00への低減を実現しつつ、淡麗シリーズならではのすっきり爽快な飲みやすさとキレのある苦味を両立させた味わいが特徴だ。

 大手各社が力を入れるプリン体ゼロ、糖質ゼロを謳った機能系発泡酒は、一見どの商品も同じように見えるが、“味のプロ”の判定では「淡麗プラチナダブル」がビールにもっとも近いキレを持っていることがわかった。これならビールの代替品になるかもしれない。ダイエットを考えてビールを我慢し機能系発泡酒に切り替えようと思う人は(女性にモテるために肥満を解消したい人も)、参考にしてみてはどうだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中