大阪出身の“ナイーブなチンピラ”四万十川友美、ペニスを歌う

 大阪から変わった奴が出てきた。何を考えているのか、不穏な眼つきをして、震えている青年。生ギター背負ったチンピラ。でも、それだけじゃない。このチンピラの発する音は、声は、ガラス細工のように繊細で、あっという間に壊れてしまいそうだ。

 四万十川友美。26歳。生まれは、堺市。ガラの悪さじゃ関西でも有数の街。そのなかでも圧倒的に荒っぽい一角、堺東商店街が子どもの頃の遊び場だった。

四万十川友美

池袋西口公園にて

「いっつも、いじめられてましたわ。ぼっこぼこですわ、毎日」

 バリバリの河内弁で四万十川は語る。けっこうな“語り屋”だ。

「だって、わかってほしいんですもん。ぼくのことを。音楽やってるのも、ぼくのこと、知ってほしいから。わかってほしいから。みんなと仲良くなりたいから」

 なかなかな“ウザさ”だ。

「ぼく、どこ行っても、嫌われるんですわ」

 変な野郎だ。でも、その鋭くも澄んだ眼は、不思議なほど強い吸引力がある。このチンピラが生み出す音楽も然り。

「少年時代、忌野清志郎にやられて、ギターをはじめたのが最初です。清志郎の音楽性がどうのこうのじゃなく、清志郎そのものになろう、なれると思って、音楽をはじめたんですわ」

 そんな四万十川の2ndアルバム『PENIS』が発売されると、インディーズ界にちょっとした“ざわめき”が起った。

 歌とギターだけのフォークスタイルだが、これまでのフォークとはどこか色も匂いも肌合いも違う。なんとも言えぬ独特な「四万十川ワールド」としか表現のしようがない世界が展開されており、メジャーで活躍するミュージシャンの間でも一目置かれる存在になった。

四万十川友美

アルバム『PENIS』

「これまでバンドもやってきました。でも、ぼく、ややこしい性格なんで、続かないんですわ。最終的に、ぶち壊しちゃうんですよ」

 いじめられっ子のくせに、人が好き。誰かを求めないではいられない。なのに、ややこしい性格が災いして、人は、離れていってしまう。そんな四万十川の人間への熱い想いが、一枚の、ナイーブで美しいアルバムに凝縮した。震えつつも伸びやかな高い声で、四万十川は歌う。

「射精したい。ぼくはもっと射精したい」(『夜には会えない太陽の民よ』)

「毎日悲しいことがたくさんあるけど、セックスできたら、ぼくはそれでいい」(『最近』)

『PENIS』。最初は奇を衒ったタイトルかと思ったが、違った。抑制の効いた、繊細な声で歌い上げられる四万十川ワールドは、実は、ひどく無骨で真っ直ぐなのだ。

 四万十川友美。大阪出身のナイーブなチンピラ。ブレイクはおそらく近い。要注目である。

●四万blog:http://blog.livedoor.jp/babynanimokamo/

<取材・文/根本直樹 撮影/保阪駱駝>

PENIS (ペニス)

ひどく無骨で真っ直ぐな四万十川ワールド

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中