すき家は氷山の一角【飲食業界の激務事情】

アベノミクスで景気が上向いたと言われるが、賃上げやボーナスの増加でホクホク顔なのは一部の大企業だけ。その恩恵に与れず過酷な状況にあえいでいる業界は多い。共通するキーワードは「長時間労働」と「定額残業代」だ。介護、飲食、IT、アパレルetc.の悲惨な経営環境、労働実態をリポートする!

◆月給18万円で残業代ナシ!休日出勤も「自主研修」【飲食業界】

すき家

「すき家」の閉店騒動で飲食業界の暗黒さが白日の下となったが、業界の根本的な改善には至らない

「居眠り運転で交通事故を3回起こした。人員が確保できず、金曜から月曜は回転」。「シフト時間、シフト調整により寝る暇がない」。「休みがない。3か月に1回あればいいほう」。「30日間オフなし。ピークの時間ワンオペ(一人勤務体制)」。「サラリーマンの生活ではない。このまま働いていても結婚もできないし、まともな生活ができない」――これは大手牛丼チェーン「すき家」が7月に公表した第三者委員会の報告書にあった社員やアルバイトの退職理由の数々だ。

「回転」とは24時間連続勤務のことを指す、すき家の社内スラング。月間労働時間が400~500時間の者も珍しくなく、2週間家に帰っていない者もおり、過労死の危険性すら指摘された。だが、これは飲食業界のブラックな現状を示すほんの一例にすぎない。

 都心から1時間ほどの郊外に新規出店した居酒屋チェーンに店長見習いとして勤務し、わずか3か月でうつ病、自律神経失調症の診断を受けた森川正吾さん(仮名・24歳)は、そんな犠牲者の一人だ。

「店舗の開け閉めから清掃、アルバイトなどの勤務シフトの調整、材料の準備までしなければならず、朝の10時から深夜4~5時頃まで休憩なし。休日も月に1日あるかないかといった状態でした」

 居酒屋の新規出店が相次ぐ激戦地区だったため、営業時間外の早朝にも駅前に立ってチラシやビール1杯無料券を配布しなければならず、最初の1か月で残業時間は120時間を超え、フロアで立ったまま眠って転倒しかけたことが何度もあったという。 

すき家「衝撃だったのは研修がまったくなかったことですね。店長見習いなので当然店長の下に付くと考えていましたが、配属された店舗には派遣の調理師とアルバイトが数人いるのみ。本部から来たマネジャーは『とにかく人間力がない』、『笑顔がわざとらしい』と怒鳴るだけで、『レジと厨房を5秒以内に歩けるようになれ!』と何度も往復させられました」

 初任給は20万円だったが、最初の半年の見習い期間は18万円。残業代は一切付かず、休日出勤も「自主研修」として処理されていたという。

― なぜこの業界は、不景気のままなのか?【2】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中