レヴォーグの敵討ち!レクサスNXは欧州車に勝てるか?【後編】

約10年前に登場し、欧州を中心に広がりを見せるダウンサイジングターボ搭載車。そんなエンジン技術のトレンドに乗り遅れた日本でしたが、最近はスバルのレヴォーグなど、日本車でもダウンサイジングターボ搭載車がチラホラと。そんななか、ついに業界の巨人トヨタが動きました!

清水草一=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

レクサス

アウディQ3は4WDの2000cc・211馬力エンジン搭載モデルで518万円。車格的なライバルはQ5ですが、その場合4WDの2000cc・224馬力エンジン搭載モデルで596万円と100万円以上高い

◆レクサスがアウディに大勝利!日本のモノづくりの底力は健在でした

⇒【前編】はコチラ

 では燃費はどうか。軽井沢周辺の空いた一般道をゆるゆる流して、レクサスNXがリッター13.9km、アウディQ3がリッター14.5km。さすがにボディサイズが違うので敗れはしたが、こっちも健闘だ。

レクサス

新しいレクサスの手法でデザインされた外観は、好みは分かれますが強い個性を発揮

 ただエンジン単体で見ると、まだ物足りない部分がある。最大トルクの発生回転が、アウディは1250rpmからなのに対して、レクサスは1650rpmから。低ければ低いほどすばやい加速ができる理屈で、レクサスはこの劣った部分をトルコンATの制御などで補い、互角に持ち込んでいる。

 おそらくドイツ勢は、この点を突いて「まだ我々の敵ではない」と言うだろう。ATに関しても、あっちはより先進的なツインクラッチ。無念。トヨタの開発陣も、「タービンのレスポンスに関しては、まだ負けている部分はあります」と認めていた。

 トヨタがダウンサイジングターボの開発に着手したのは、VWがそれを発売した直後の2005年。本腰を入れたのは2009年から。すでにライバルには膨大なデータとノウハウが蓄積されており、まだ完全に追い付くには至っていないのだ。

 が、なにしろ加速と燃費は互角。カッコやインテリア、使い勝手を含めたクルマ全体の仕上がりでは、明らかにQ3に勝っている。しかも、ナビなど装備を同レベルに仕立てると、レクサスのほうが数十万円安い。

 ついにレクサスがアウディに勝った! 初勝利!!

【結論】
レクサスNXは、レクサス史上もっともカッコよく、おもてなしに満ちた、非常に魅力的なモデルでございました。エンジンの頑張りもさることながら、全体としてレクサス車がこれほど良かったことはありません

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中