六本木、渋谷、池袋…ストリートナンパの名物スポットが絶滅した理由

’80年代~’00年代にかけて、ナンパ師が日夜あの手この手で女のコを引っかけるナンパの“聖地”がいくつもあった。そうした場所はどうなったのか? 現状を探ってみた

◆ナンパの肩慣らしには新宿、上級者は六本木へと流れていく【ストリート】

渋谷 ’90年代、ナンパの聖地として君臨していたのが渋谷。高校生から20代前半くらいの若い世代のナンパ師が日夜、街に繰り出していた。

「マルキュー前とか公園通りあたりによく行きましたね。渋谷のナンパって歩く距離が長くて、疲れるんですよ」と語るのは、かつて都内各所でナンパをしていたという、元ナンパ師の清志さん(仮名・41歳)。

「当時の渋谷はとにかくカッコよくて、流行の最先端って感じの街でしたね。ナンパ慣れしてないヤツがいたら一発でわかるくらい。ある程度経験を積んだヤツが来るイメージでした」

 ところが、’95年頃に最盛期を迎えた後は徐々に衰退していったという。

「若者のアツい街だったはずなのに、今じゃ渋谷パルコにはアニオタ向けの店とか入っていますからね。変わっちゃいましたね」

 若者の街が渋谷なら、六本木は小金を持った大人の街だったと振り返る清志さん。

「黒スーツのカネ持ったお兄さんたちが、ベンツ乗りつけて女のコを引っ掛けるんですよ。若造じゃちょっと太刀打ちできなかったですね」

 ’90年代頃まで圧倒的な高級感を持った六本木は、それなりにナンパ回数をこなした者が訪れたと言い、ストリートに生息するナンパ師にとっては、最後の関門であったのだ。

「今では、EXILE風の男とキャバ嬢と外国人だらけになっちゃって、かつてのキラキラした憧れ感みたいなのはないですよね」

 渋谷、六本木よりも初心者向けだったのが新宿だ。

「’70年代から’80年代くらいは新宿もディスコが流行っていたみたいだけど、僕らが現役だった’90年代はちょっとダサい街でした。一番初心者向けでしたね」

 ナンパデビューした人々はまず新宿に向かい、肩慣らしをしていったという。そんな新宿で、ナンパスポットとして知られていたのは、歌舞伎町のコマ劇場周辺。

 しかし、’04年の東京都の歌舞伎町浄化作戦や、’08年のコマ劇場閉鎖によって雑多な街としての魅力も激減。今やコマ劇前は歌舞伎町の中でもゴーストタウンと見紛うばかりの状態になっている。

 一方、’90年代に「ナンパコロシアム」とまで呼ばれた場所だったのが池袋だ。

「今じゃオタクと腐女子の街って感じですけど、’90年代の池袋はイケてる大学生のたまり場でした。ナンパコロシアムと呼ばれた西口公園に行けばナンパ仲間が必ずいましたね」(30代・会社員)

 そんな西口公園も治安の悪化に伴いナンパスポットとしては衰退。治安回復しつつある今はバザーなどが行われる場所になった。

 もはや東京に名物的なナンパストリートはないのかもしれない。

●渋谷<’80~’96年>
若者の流行の発信地だった渋谷。ナンパの聖地として賑わった

●六本木<’80~’90年>
ラグジュアリーな雰囲気で、主にお金を持っている層が出没する街

●新宿<’80~’90年>
ナンパ初心者が集う街。ステップアップの材料として使われていた

●池袋<’80~’90年>
池袋駅を出てすぐの西口公園には、若者がたむろしていた

― ’80年代~’00年代、あの[ナンパスポット]の今【2】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中