イタリアンが「かなりの高利益率業態」なワケ

一般的に30%が目安だといわれる外食店の原価率。昨今の“コスパ志向”の高まりや原価率35%を超える高原価店の繁盛も相まって注目を集めることも増えた「原価」だが、さまざまな要素が複雑に絡み合って成り立っており、その世界は実に奥深い。原価を知ると、普段、なにげなく利用している外食店の知られざる新たな一面が見えてくる

◆ピザやパスタを注文する際には「具だくさん」を<イタリアンの原価>

イタリアン 他の飲食店よりも、ちょっとお高くオシャレな印象があるイタリアン。だが、その実態は、実はかなりの高利益率業態らしい。

「主力メニューであるピザやパスタは原材料が小麦粉なので、具に高級食材を使わない限り、1皿あたりの原価はかなり安いんです。例えば、ペペロンチーノなどシンプルな具材だけを使用したメニューなら、1品あたりの原価は100円程度。それを700円ぐらいで提供するので、原価率15%以下のメニューなんてザラにありますよ」(イタリアン元店主)

 パスタやピザを頼むなら、できるだけ具だくさんなものを頼むほうがお得ということ。しかし、当然ながらイタリアンで提供されるすべてのメニューが低原価で成り立っているわけではない。

「例えば、サラダなど野菜を使った料理は、天候や季節の影響で仕入れ値が変動しやすいので、原価率も大幅に変わります。もともと1皿150円程度で計算していたサラダが、天候不順で400円近くの原価がかかることも。また、イタリアンは内装やアクセスがよくないとお客が集まらないので、食材よりも内装や立地に資金を注ぎ込む店も多いですね」

 原価率の視点ではあまりお得とはいえないが、雰囲気や利便性を買っているのだと思えばそれも仕方ないのかもしれない。

※写真はイメージです
― [外食店の原価]教えます【9】 ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中