大荒れのサッカー天皇杯、元日・決勝を前倒しで波乱続出

天皇杯限定ユニフォーム

デザインはカッコいい天皇杯特別ユニフォームだが...

 全国のプロ・アマ最強チームを決める日本最大のサッカートーナメント、天皇杯。元日に“聖地”国立競技場で行われる決勝戦は、サッカーファンにとって風物詩となっているが、今年は大きな異変が起きている。

◆学生や社会人チームが大躍進

 まず、大きく変わったのは開催日程。来年1月に日本代表がAFCアジアカップに出場するため、決勝の開催が恒例の元日から12月13日に前倒しされたのだ。元日以外に決勝が開催されるのは1967年度の第47回大会以来、実に47年ぶり。また、東京・国立競技場が改築されるため、決勝の舞台も横浜・日産スタジアム(横浜国際総合競技場)に変更された。

 この煽りを受けたのがJ1のチーム。例年と比べ、一ヶ月半も早い開幕で調整が上手くいかなかったのか、番狂わせが続出している。

●ソニー仙台FC 2‐2 鹿島アントラーズ(PK戦2‐1)
●奈良クラブ 2‐1 ベガルタ仙台
●ギラヴァンツ北九州 3‐2 横浜Fマリノス(延長戦)
●関西学院大学 2‐1 ヴィッセル神戸
●Vファーレン長崎 2‐1 アルビレックス新潟(延長戦)
●ジェフユナイテッド千葉 1‐1 柏レイソル(PK戦12‐11)
●愛媛FC 1‐0 川崎フロンターレ
●ザスパクサツ群馬 2‐1 浦和レッズ


 なんとJ1全18チーム中、約半分の8チームがすでに大会から姿を消してしまったのだ。しかも、そのうちの3チームは社会人や学生に敗れるという、所謂“ジャイアント・キリング”を起こされている。ベスト16の段階で、実に7チームがJ2のクラブだ。異なるカテゴリーの下克上が見られるのも天皇杯の魅力の一つだが、もはや今大会はどこが勝ち上がってもおかしくないだろう。

◆限定ユニフォームが届く前にチームが敗退

 なかでも一番の話題となったのは前大会王者、横浜Fマリノスの敗退だ。今回、マリノスはリーグ戦で着用しているユニフォームとは違った、「天皇杯特別ユニフォーム」を発売。ファンには堪らないアイテムだが、なんと商品が発送される前に敗退が決まってしまったのだ。これに商品を予約していたサポーターは激怒。ネット上では「届いても恥ずかしくて着られない」、「返金してほしい」と非難の声が続出した。実際にユニフォームを注文していたサポーターに話を聞くと、「チームへのお布施だと思って我慢します……」と、あきらめに近いような感想が。しかし、サッカーファンのなかには、この状況を逆にチャンスと見るものもいる。

「応援してるわけじゃないんですけど、以前、珍しさからマリノスの横浜開港150周年記念ユニフォームを買ったんです。何年かしてネットのオークションに出したら、4~5倍の値段で売れてビックリしましたよ。今回のユニも話題性があるし、いずれレア物になると思っています」(30代・アビスパ福岡サポーター)

 たしかにマリノスファンはもちろん、他クラブのサポーターにも大きなインパクトを与えたユニフォームだけに、これからも語り継がれていく一品になるかもしれない。例年より早まった決勝戦まで、いったいあといくつの波乱が起きるのか? 今年の天皇杯からは目が離せない。

<取材・文/林バウツキ泰人>

関連記事

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中