モンゴル帝室に女性を献上していた「高麗時代の朝鮮」

モンゴル帝室に女性を献上していた【高麗時代の朝鮮】

(イメージ/韓国・安東)

 東京・新大久保界隈では、韓国料理店や商店の相次ぐ閉店に「韓流離れ」の加速が報じられるなか……

 NHKでは韓国時代劇の新シリーズ「奇皇后」(8月3日放送開始/BSプレミアム毎週日曜夜9時~)が始まった。

 韓国時代劇においては、

「その歴史改ざん願望がドラマに凝縮されている、もはや韓国の歴史=脚色されたファンタジー」(東洋史家・宮脇淳子氏)

 と、史実の都合のよい歪曲が指摘されがちな昨今の背景を慮ってか、番組HPには、

「実在した奇皇后の人生をダイナミックにアレンジし、感情を揺さぶる愛と闘いを壮大に描いたエンターテインメント・ロマンス史劇」

「このドラマは実在した奇皇后を題材に創作したものです。架空の人物や事件を扱っており史実とは異なります」

 と、念の押しようだ。

 ストーリーは――

 13世紀末から14世紀中頃。

 モンゴル人による王朝・元に服属していた高麗(コリョ)に生まれ、元への貢女(コンニョ)という境遇から皇后にまで上り詰めた女性「奇皇后」が主人公。

「元の皇帝、そして高麗の王、ふたりとの運命的な愛。その美しさと野望、才覚で強国・元を揺るがしながら、決して失わなかった高麗人としての誇り―」(番組HP)

 元と高麗という二つの国家と両国の男の狭間で生きた女性の、波乱の人生が描かれているという。

 早速、見てみると……

 主人公で高麗の少女ヤンは元への貢ぎ物「貢女」として、母や多くの女たちと共に連れ去られる途中、逃亡するが、ヤンの母は追ってきた元の将軍に殺されてしまう。ヤンは身を隠すため少年に姿を変え生き延びていく。父母ともに元の圧政による無念の死を遂げたことで、少女ヤンは元への強い復讐心を抱いている。

 というわけで、登場するモンゴル人たちは、徹底的な悪人に描かれる。

「この高麗人の目玉をくり抜き、耳を削ぎ、舌を抜き、生かしたまま見ることも話すことも聞くこともできぬようにするのだ!!」とのむごいセリフの後、焼きゴテがあてられ……ギャアアアーーー!!!……

 と韓国時代劇によくある凄惨な拷問シーンも頻繁に登場する。

 土足で高麗の地を踏みにじり、朝鮮の女性たちを略奪、凌辱する元の兵士、という構図が強調されている印象だが……

 実際、元朝と高麗との関係はどのようなものだったのか。

 内モンゴル出身のモンゴル人で静岡大学・楊海英教授(歴史人類学)が解説する。

「正直なところ、モンゴル人の歴史観では、かつて朝鮮半島はモンゴル帝国の属国であり、モンゴルの血統で権威を確立していた国であるという印象があるのは事実です。同様に、清に対しても戦争に敗れて臣下の礼をとり、属国となったことは史実として残っています。ほかの朝貢国と比較すると、朝鮮半島の場合は代々シナ王朝の『属国』であった実態が伴っているのです」

 また、高麗時代の朝鮮がモンゴル帝室に女性を献上していたというのは驚きだが、これは韓国ドラマが得意とする創作上の悲史などではなく、史実にあるのだという。

「元朝時代では、高麗は長らくモンゴル帝国のハーン一族、帝室の『婿殿』の立場でした。代々、大都(北京)のモンゴルの帝室から娘を貰って、高麗王の皇后としていました。その子供が新たに王になれば、再びモンゴルから妻を娶るのです。元朝はそのような方法で、朝鮮半島をコントロールしていました。一方、高麗側は常にモンゴルの歓心を得ることに心を砕いていて、日本に対する二度の『蒙古襲来』も、最近の研究ではフビライの娘婿である高麗・忠烈王が、義父の前で手柄を立てたかったので、やたらと侵略を進めたことがわかっています」

 ドラマにも登場する「高麗貢女」という仕組みは、そんな高麗のしたたかさから生まれたのだという。

「朝貢の一環として、朝鮮の良家の娘たちを集めて元朝の帝室に差し出すというもので、高麗貢女は、例えば宮廷に入って皇后や王族のそばで働きながら、できうればそこでエリートを見つけて結婚することが望まれていました。帝室内に高麗の身内を送って発言力を増していこうという、高麗なりの生き残るための術だったのだと思います。儒教思想のもとでは女性の地位が低いので、そういう発想が生まれたのでしょう」

 しかし、これは「モンゴルが強制したのではなく、高麗側が自ら進んで編み出したシステムであった」と楊氏。

「モンゴルも実は高麗の魂胆をわかっていて、王族は高麗貢女と結婚してはいけないというしきたりがありました。モンゴルの大ハーン一族は、代々通婚する有力な部族があるので、必ずそこから后を選んでいたのですが、元朝最後となる皇帝・順帝トゴン・テムルが高麗貢女(奇皇后)を后としてしまいました。元朝が滅んだのはそれが理由だとモンゴル人は信じていて、モンゴルの年代記にも、元朝が滅んだのは祖先のしきたりを破って高麗貢女を貰ったからだと記されています。史実としてはそうした側面もあります。その高麗貢女は、モンゴルのしきたりを無視して後宮で権力を振りかざしたので、帝室に対する王族の離反を招き、ひいては反乱が広がっていったのです」

 奇皇后が産んだ北元の皇帝・昭宗=アユルシリダラは後に明軍に追われ、カラコルムの地で没したという。そして、不詳とされる奇皇后の末路は、ドラマではどう描かれるのか……。

 韓流時代劇は、“真実の歴史” を知った上で観れば、もっと面白い! かもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

●「奇皇后」番組HP http://www9.nhk.or.jp/kaigai/kikogo/
●『狂暴国家 中国の正体』楊海英 著(定価760円+税/扶桑社新書)
●『韓流時代劇と朝鮮史の真実』宮脇淳子 著(定価760円+税/扶桑社新書)

狂暴国家 中国の正体

虐殺、レイプ、強制移住……日本を脅かす「民族絶滅」政策

韓流時代劇と朝鮮史の真実

朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中