大手書店チェーンの万引被害は年間推定4億円!? 「まんだらけ事件」から見えた書店の悲鳴

古書店「まんだらけ」

書店関係者には「まんだらけは古物商としての側面が強い。今回は特殊なケース」との意見も

 東京都中野区の有名古書店「まんだらけ」店頭から、8月4日、販売価格27万円のブリキ製人形が万引された。これを受けて同店は、翌日、防犯カメラに写った犯人の画像をモザイク付きで公開。商品を返還しなければ、モザイクを外して素顔をネットに晒すと激しく警告したのである。

 警視庁は「捜査に支障が出る」として、素顔の公開中止を要請。結局犯人は逮捕された。

 新聞・テレビ・ネット上では賛否両論が飛び交ったが、同じく万引被害に悩む書店関係者はこの事件をどう見ているのか。

「転売目的での万引は多い。うちは近隣の古書店と提携して、何度も新品の人気コミックを売りにくる怪しい客の情報を提供してもらうようにしています」(神奈川の書店チェーン社員)

 薄利多売の書店商売は、1冊万引されると、5冊売った分の利益が吹っ飛ぶといわれる。ただ、犯人逮捕は、現行犯以外は極めて難しいようだ。

「まんだらけの場合は警察の助けを得られた超レアケースですよ。書店は扱う物量が多いため、現行犯で捕まえられるのは、実際の被害の1%程度。1000円程度の被害届を警察に出していたら仕事が回りません」(都内の独立書店店長)

 だが、チリも積もれば山となり、大手書店チェーンの場合、損失は億単位になるという。

「当社では年間推定3億~4億円の万引被害に遭っています。当社では私服保安員を雇うなどの万引対策で、年間2億円が出ていきます。数年前、某書店が万引犯の顔写真を店頭に掲示したら、万引はびっくりするほど減ったそうです。人権も大切なのはわかりますが、書店員としては顔を公開してほしかったところです」(全国書店チェーン幹部)

 人権意識と書店経営、その狭間で頭を痛めずにすむ日は来るのだろうか。

取材・文/SPA!裏読み特捜班

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中