「ゲームにニオイ機能がついたら最強なのに!」爆乳プロデューサー・高木謙一郎

―にゅうにゅう高木の「炎のリビドー」―

【第5ぱい目】「にゅうにゅう高木、己の年齢を考える」

爆乳プロデューサー・高木謙一郎

最近太りました、スミマセン

 漢には人生において越えるべき大きなお山が2つあるのです。

 それはとても柔らかくて包み込まれるような優しさを持ちつつ、時に登頂を許されない厳しさを持つ永遠のロマン「おっぱい」。

 みなさま、大変ご無沙汰しております。待っていませんか?そうですか。前回の記事から1年以上もたってしまい、もはやコラムなのかそうなのかわからなくなっておりますが、相変わらず『閃乱カグラ』は作り続けております、にゅうにゅう高木です。

 この1年何をしていたのかというと、仕事もプライベートもゲーム漬けです。朝から夜まで会社でゲームの開発に携わり、帰りの電車では携帯機にスマホでゲーム、家に帰ってからはテレビを見るのではなく、まずはゲームの電源を入れます。

 そういえば、Xbox Oneを買いました。あまり日本では盛り上がっていないようですが、『DEAD RISING 3』と『Forza Motorsport 5』はおもしろいですね。夜な夜なプレイしております。次世代機の登場から僕のゲーム部屋はあれから進化していまして。

 以前公開した部屋はこちら(http://nikkan-spa.jp/440083)。

 新たに増えたXbox One、PS4とPS3、PS2、PS、Xbox 360、Wii 、Wii U、そして昔のハードもまだまだ現役でDC、PCE、NEOGEO、MD、ファミコンなどもあり、GBにGG、WS、Linxなんかもいつでも直ぐに遊べる状態でまだまだ現役! 待機電力の塊と化している部屋はとにかくカオスです。

 とまぁ、とにかくゲームにまみれた日々ですね。僕の生活はゲームしかありません。もう少し世の中のことを知らなければいけないのでしょうけど……。

◆おっぱいについて

 もちろんおっぱいのことは一時も忘れたことがありません。僕といえばおっぱいですから。むしろ女性の顔より胸しか見ていないという。僕の特技を自慢するとしたら、服を着た状態でも女性のおっぱいを見抜けることですかね。寄せていたり、不自然なおっぱいは僕にはバレバレです。

 大きいも小さいも、どんなおっぱいにでもその人なりの魅力がある。そのままでいればいいと思います!(キリッ)

 幼い頃の興奮は持ちつつも、僕も年になったせいか、全部脱がさないほうが魅力が倍増すると感じています。だからこそ『閃乱カグラ』は規制されている家庭用ゲームで生きるのです。そうやっておっぱいに強くこだわってきて、このゲームも常に進化をさせようと必死に開発を進めているわけです。おっぱいの肉感、みずみずしさを大事にしているので、今度は「おっぱいが香ってくる」くらいの体験をしてもらいたい。ゲーム機にニオイ要素がついたら、本当に最強ですね。僕がこの仕事に携わっている間に実現してほしい!

 なぜこんなことを思ったのかというと、ある日、回転寿司に行ったんですよ。数人の女子高生グループが来店し、なんとなく彼女たちからいいニオイがしてきた。魚のニオイではなくて! なぜか僕には香ってきたのです。

 やっぱり女子のニオイって男性の憧れなんですよね。

 ちなみに僕は女子のいい香りがするという「ビオレのさらさらパウダーシート」は昔から愛用しています。本当です。僕はきっとずっと前から分かっていたんですね。

 とにかくニオイは重要!

◆37歳という年齢について

 この年になるとつくづく、「生き急いでいるな」と感じています。『閃乱カグラ』シリーズもハイペースで出していますし、来年出るタイトルまでとにかくスケジュールがぎっちりです。現在僕は37歳ですが、やっぱり先にある40歳を見据えているというのがあります。同世代の人はそう思うのかもしれないけど、40歳までのカウントダウンまでにとにかく大きな何かを残したい。

 仕事というのはやはり奥深くて、進めば進むほどに大きな困難が待ち受けていてなんだかRPGの様です。本当に不思議なもので仕事ってやればやる程に増えて終わりが見えなくなるような気がします。適度な所で打ち切ればいいんでしょうが、、、。

 なんというか、やっぱり体力の衰えを感じるんです。カラダのいろんなところが痛くなったり、傷が治りにくくなったり。だからやれるうちにやっておこうと思うんです。お酒を控えるしかないかなぁ。でも僕の楽しみって、やっぱり世に作品を出していくことなんですよね。それがあるから頑張れる。

 って、なんだかとりとめもない話なんですが、最近の僕の近況でした。同世代の人はわかっていただけたでしょうか?

 それではまた!

【高木謙一郎氏】
1976年生まれ。マーベラス所属のゲームクリエイター。おっぱいが大きな女のコが出てくるゲームでは“爆乳プロデューサー”を名乗っている。代表作は、『閃乱カグラ』シリーズのほか、『一騎当千』ゲームシリーズ『勇者30』シリーズなど

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)

“爆乳プロデューサー”代表作

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中