自作のLINEスタンプ販売はどれくらい儲かる?

 誰でも自作のLINEスタンプを売ることができるとして話題の「LINEクリエイターズマーケット」。6/3発売の週刊SPA!に掲載された『ヤバいほど儲かる副業ベスト26』では、記者が知人に依頼し、猫をモチーフにしたオリジナルスタンプ「にゃんころべー」を作成、発売に至るまでの顛末が描かれている。

LINEスタンプ販売に挑戦!果たしていくら売れた?

LINEスタンプ「にゃんころべー」。ぜひ購入を!

 上位の人気スタンプともなれば、数十万円の収入を得ることも夢でなく、クリエイターズマーケットが発表された当初は、イラストに自信のある者もない者もわれ先を争ってスタンプを作成していた。そのため、記事が掲載された当時、審査には数か月が必要とのことだった。

 あれから3か月が経過した。オリジナルスタンプ「にゃんころべー」も7月4日に無事に発売され、決して爆発的な売れ行きではないにしろ、ちょろちょろ売れ始めていた。果たして、発売から2か月間でどの程度儲かったのだろうか?……などと淡い期待を抱きつつ、最新の販売データを確認してビックリ! な、なんと振り込みが1円もないのだ。何故こんなことに?

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714483

LINEスタンプ販売に挑戦!果たしていくら売れた?

発売初日に327円を記録するもそこからは下り坂に……

 そこで、利用規約を改めて確認してみたところ、そもそも「分配金(収入)は1万円以上にならないと受け取ることができない」との記述がある。完全に見逃していた。しかし、この利用規約は会員登録後でないと見ることができないシロモノ。つい、そもそも見せたくなかったのでは?と、邪推してしまう。また、受け取りの最低金額1万円を超えるには、少なくともスタンプを200個売らなくてはいけない。これって知名度のない一般人にはかなり高いハードルなのでは?とも思う。

 ちなみに「にゃんころべー」だが、発売初日はトップページの目立つ場所「新着情報」に掲載されるため、いきなり327円を売り上げることに成功した(売り上げに端数が生じるのは海外分も含まれるため)が、結果的にはこれが最高額だった。そこから全く売れない日が4、5日続いたかと思えば、突然、いっきに数百円売れる日が出るなど、短期的な変動は多少あった。しかし、1か月後にはそれもほとんどなくなってしまった。

LINEスタンプ販売に挑戦!果たしていくら売れた?

トータルでの売り上げはやや残念な結果に……

 結局、今日(9月12日付)までのトータル売り上げは1000円チョットという、かなり残念な結果に。もちろん、これだと実際には1円も振り込まれない。このまま1万円を超えない限りキャッシュアウトはできないので、現金が手元に来るまではまだまだ遠い道のりのよう。発売初日に運営側からの猛プッシュ(?)があったにもかかわらず、そこで波に乗って売り伸ばすことができなかったのが悔やまれる。決してハードルは低くないが、それでも自分の腕に自信がある方であれば、一度チャレンジしてみてはどうだろうか? <取材・文/日刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/10号(6/3発売)

表紙の人/吉高由里子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中