アップアップガールズ(仮)の筋トレに密着

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(仮)。上左から、青の新井愛瞳、緑の森咲樹、黄の佐保明梨、ピンクの古川小夏。下左から、紫の佐藤綾乃、赤の仙石みなみ、オレンジの関根梓による7人グループ

 数多くのアイドルグループが溢れ、埋もれる昨今、頭角を現しているグループがいる。「アップアップガールズ(仮)」、通称アプガだ。ポジティブなグループ名が示すように、常に上を目指しており、挑戦というスタンスを崩さない。ライブでは、アイドルとは思えないほどの運動量で、ファンもついていくのがやっとなほど。その裏には、昨年冬から始めたフィジカルトレーニングがある。アイドルである彼女たちはいったいどのようなメニューをこなしているのか? 潜入してみた。

足立光トレーナー

足立光トレーナー

 彼女たちの専属トレーナーを務めるのは、六本木「ボディプラント」の足立光氏。最近では、プロレス界の新星“レインメーカー”オカダカズチカの肉体改造から、初期の「ももいろクローバー」や数多くの芸能人などの指導にも当たっている実力者である。

「もともと1年前までは運動がむしろ嫌いな普通の女の子たちでした。昨年入門してきた頃には、まったく腹筋できなかったのが、今では120回はこなせるように成長しています」

 女子で120回の腹筋量は、おそらく女性アイドルグループでは希だろう。彼女たちのトレーニングメニューは単なる“フィットネス”ではなく、ライブパフォーマンスのための“アスリート”級のメニューであった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=717666

アップアップガールズ(仮)

腹筋風景。全員で声をかけながら回数をこなしていく

「腹筋だけでも6~7つのワークがあり、お腹、わき腹、背中などと、くまなく強化していきます。脚上げ腹筋だけで50~80回、普通の腹筋で50~100回といった感じです。その後、ジムのマシーンを使って、脚、腕、背中などの各部位を鍛えていきます。とはいえ、彼女たちはパフォーマーなので、華麗な動きができるようにと、ジャンプや蹴りといったさまざまな動きをメニューに入れ込んでいます。いまでこそ体力が追いついてきましたが、始めた当初は本当にキツかったはず」(足立氏)

 キツいトレーニングを日々こなしていった結果、彼女たちは、パフォーマンス力が向上しただけではなく、しなやかな筋肉が出来上がったとファンの間でも評判なのだという。これに関しては、「アイドルなので、筋肉がつき過ぎないトレーニングはしています。なので、ジムのマシーンは重過ぎない程度の負荷を多い回数こなしていくかんじです」と配慮もしている。格闘家にせよアイドルにせよ、本人たちに合わせたメニューを考え、指導する足立氏。誰もが信頼を寄せるのもうなづける。

 いつしか、「アイドル、筋トレ」というオリジナルのイメージが着いた彼女たち。これに関してどんな思いがあるのか? トレーニング終わりに直撃してみることに。

佐藤綾乃(紫)「もちろん腹筋を褒められるのは、最初は嫌でした。だってアイドルだし。でも今はここまでファンの人に褒めてもらえるんだったら、やってやろうって。よくツイッターで『紫の腹筋がすごい』とかつぶやいてもらえて、いつか『割れてる!』ってつぶやいてもらうのが夢なんです!」

新井愛瞳(青)「もともとは、ケガをしないカラダをつくるために始めたトレーニングだったんです。こんなにキツいなんて。私はメンバーのなかで一番体力がないから、最初は『鬼だ』って思いました。でも今は、自主的にジョギングしたり、早くメンバーに追いつきたい。これが自分たちのウリなんだって思って頑張ります」

関根あずさ(=梓)(オレンジ)「腹筋の回数も徐々に増えて増えて……。びっくりです。でも今はそのおかげでライブパフォーマンスがラクチンにできるようになりました。昔はコンニャクみたいな動きしかできなかったのが、キレのあるダンスができるようになっているんです」

森咲樹(緑)「去年から5センチもウエストが細くなりました! 当時はピッタリしていた衣装がすんなり入ったり。今後は女性らしいしなやかな筋肉をつけたいと思います。なぜかアプガのお客さんって筋トレが好きな人ばかりなんです(笑)」

佐保明梨(黄)「隠れていた筋肉が出てきたのは嬉しいです。そうそう、ファンにもかなりがっちりした人が増えてきて、負けていられませんね。私は、以前ライブで、バットを2本折ったことがあるんです。蹴りで。次は5本折るくらいに成長したいな」

古川小夏(ピンク)「アイドルを見て腹筋を鍛えようって思ってくれるファンがいるのはいいですよね。みんなで鍛えていきたいなぁって思います。そのうちファンの人も一緒にトレーニングツアーをやりたいですね!(笑)」

仙石みなみ(赤)「『全力!Pump Up!!』という曲では振り付けに筋トレ要素も入ってるくらい。ライブでも筋トレ要素を加えてパフォーマンスしたことがあって、曲の合間に筋トレを入れたこともあるんです。もちろん疲れます。ファンの方も疲れるはず(笑)。でも、今後は、体力筋力でナンバーワンのアイドルを目指そうって思っています」

 カラダだけではなく、心も強くなった彼女たち。今後の目標は日本武道館での公演とのこと。どこまで強くなっていくのだろうか。ライブに行くなら、こちらも万全の体勢で臨みたい。

<取材・文・撮影/小野麻衣子>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中