ヤリチン男は「女をオトす店」を持っている

女をオトす店

ハズさないお店選び&マスターとの共同戦線で、美女の身も心もワシ掴み?

意中の女子との初デート。そこでまず問われるのが店選びのセンス。まずは記者の知人女性数人に話を聞くと、こんな回答が返ってきた。

「チェーン居酒屋は絶対にイヤ。安い/高いが問題じゃなくて、そこをデートに選ぶセンスを疑いたくなるし、その人と遊んでも楽しいことがなさそうな気にさせる」(29歳・雑貨メーカー)

「まんが喫茶や雀荘が入ってるような繁華街にある雑居ビルもキツい。どんなにいいお店でも、店を出たあとにあの汚くて小さなエレベーターに乗ることを考えると、一瞬で酔いがさめる」(33歳・アパレル)

予想どおりの答えが返ってきたが、まあ店選びに関しては女性誌で紹介しているような「女子ウケのいいお店」を選べばまずハズすことはないだろう……と安易に考える記者に対して苦笑するのは、500人斬りのヤリチン男・M樹氏(35歳・広告プランナー)。

「ヤリチン仲間の間では定説だけど、雑誌に載ってる評判のお店を選ぶのはみんなやってることでサプライズがない。一番効果的なのは、“馴染みの店”に呼ぶことですよ。話題のお店に連れていっても『ああ、頑張って選んでくれたんだ』止まりの感想だけど、自分だけが知っているお店に連れて行けば、『私だけを招待してくれたんだ』と女のコの感動も昇格されるわけ。ウソでもいいから、『このお店には一部の親しい人しか連れてきたことない』ってことを匂わせれば、さらに効果は倍増ですね」

店構えも“通”を思わせるような路面店が最適だという。

「で、勝負をかけるのは、同じく馴染みにしているバー。マスターと仲が良くて、なんでも話せる関係ってことが最低条件ですね。っていうのも、共同戦線を張ってオトすことがこの戦略の肝になるから、デートのときだけじゃなくて、一人でもいいから足繁く通って、常連になる必要があります」

マスターとの共同戦線?

「たとえば俺がトイレに立ったときに、何気なくマスターに俺の長所を吹き込んでもらう。吹き込んでもらう言葉も、俺の内面についての“イイ話”をしてもらったほうがいいんです。内面の話って、自分からいうと途端に安っぽくなるし、初のデートでは禁じ手じゃないですか。だから、『遊んでそうに見えるけど、実は誠実』とか『自己チューっぽいけど、実は友達思いのイイ奴』とかね。自分がいないときに、脈アリな言葉を彼女が語っているような話は、彼女がトイレにいったときにマスターに教えてもらう。『M樹クン、いけるよ、メロメロになってるよ』とかね(笑)。そのときの俺とマスター、すっごいイヤらしい顔してますよ」

M樹氏の場合、店に行く前に電話で「狙ってるコと行くから、バッチリ盛り上げてくださいよ」と事前に伝えれば、あとはいつもの呼吸でサポートしてもらうんだとか。

「共同戦線を張れるまでの常連客になるまでに費やす費用はだいたい50万円くらい。高いか安いかはわからないけど、その代わり、そこまでの馴染みになれば、ヤレる確率は格段にハネ上がりますよ」

唯一の短所である「昔オトした女と鉢合わせになる」ことを除けば、有望な作戦であることは間違いない?

取材・文/スギナミ

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中