元パチプロの“ビール伝道師”が「よなよなエール」で会社を成長させた秘訣

井手直行氏

井手直行氏

 軽井沢でコツコツと地ビールを作り続けること17年。「お金はないが知恵はある」をモットーに一地方のビールメーカー「ヤッホーブルーイング」を大手に次ぐ業界6位にまで育て上げた名物社長、井手直行氏。ビール伝道師を名乗り、時には道化にもなりながら熱くビール愛を説く“知的な変わり者”の素顔とは?

 ヤッホーブルーイングのヒット商品「よなよなエール」は、17年前に地ビールとしては初の缶入りで発売された。たった7人でエールビール造りを始めたということだが、ヤッホーブルーイングの創業者で、親会社「星野リゾート」の星野佳路社長がアメリカ留学中に飲んだエールビールに衝撃を受け、醸造所を設立したのがスタートだという。また、井手氏もそもそもビール造りの経験はまったくない状態だった。

「お酒は好きだったのですが、あくまでも飲む専門。僕は29歳で入社する前は、エンジニアをやったり環境アセスメントで働いていた異業種組です。仕事に飽きると後先考えずに辞めちゃって、パチプロとして日銭を稼いで全国を放浪するような生活を送ってました。放浪中に旅先で見知らぬ人と交流するのが面白くって、旅を通じて“自然と人”に関する仕事につきたいと思っていた矢先に、軽井沢の広告代理店の求人を見つけて、自然豊かな長野に移住したんです」

 そこで星野氏と出会い、意気投合。しかし、すんなりと入社というわけにはいかなかったらしい。

「面接では人事部長からこっぴどく説教されたんですよ。『あなたは転職が多いし、またすぐ辞めちゃうんじゃないですか?』って。僕も売り言葉に買い言葉で『つまらなかったら、辞めちゃうかもしれないですね』なんて生意気なこと言っちゃいました(笑)。僕は相手が誰であろうと自分の思ったことをハッキリ言うタイプ。そんなところが星野には面白い人材だと思ってもらえたのかもしれません」

 その後、ネット販売に活路を見いだし、井手氏は悪戦苦闘しながらも会社を成長させていった。

「注目を集めるために例えば『よなよなエール』の缶をキャラクターに見立てて旅をさせるおふざけ企画をやったりして、『こいつら面白そうだな。楽しそうだな』と思ってもらうことで、ブランドのファンを増やす努力をしました。ネット商店の店長として宇宙人とかロボットの仮装をしてみたり、コントをやったり、遠方のお客さんに直接商品を届けてそのリポートしたりと本当に体を張りました(笑)」

 さまざまな場所に仮装で登場して話題になった成果もあり、「よなよなエール」は楽天市場のビール売上ランキング1位を継続し、「ショップ・オブ・ザ・イヤー」を7年連続受賞の快挙を成し遂げている。「トップが身体を張ると話題を生む」がモットーの井手氏。製品の質を高めることはもちろんだが、それをどのように消費者に届けるのか、というビジネスの難題へのヒントになる話だ。

※9/22発売の週刊SPA!「エッジな人々」では、井手氏のロングインタビューを掲載中。ビール業界を活性化したい思いを語っている。

本紙構成/山内聖子 撮影/難波雄史 再構成/SPA!編集部

週刊SPA!9/30号(9/22発売)

表紙の人/広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中