女たちを怒らせる何気ないひとこと

気を使ったつもりで言った何気ないひとことで、相手を怒らせてしまった……。誰にも一度や二度、こんな経験があるのではないか。今回は職場や合コンの場で、オンナたちを怒らせているフレーズを集めてみた。

◆もしかして前髪切った?

社交辞令的に言いがちなこのひとこと、「ほんのちょっと切っただけなのに、わかるなんて気持ち悪い」(24歳・バイト)など、ジロジロ観察されているようでイヤ、ということらしい。

◆朝から晩まで頑張ってるね!

働きづめの女子社員についかけたくなるこの言葉だが、「本気でそう思うなら、もっと仕事の分担考えて、公平な業務量にしろよ!」(28歳・製造)と不評な様子。忙しそうなヤツに八つ当たりされたくなければ、近寄らないのが一番ってことか。

◆今日の服、秋っぽくて素敵だね

ありがちなご機嫌取りの言葉も、「いつもは女らしくないってこと?」(26歳・金融)、「OLは浮かれ気分でいいよな~とでも言いたいのか!」(31歳・インテリア)と深読みされてしまう可能性も。相手の虫の居所を見極めて、お愛想は言うべきなのだろう。

◆清楚でお嬢様っぽいね

ほめてるとしか思えないフレーズだが、「お嬢様=おとなしい=つまらない=脈ない?と勘ぐってしまった」(26歳・派遣社員)と取る人も。被害妄想が強そうな人には、慎重な発言を心掛けたい。

◆スッピンでも普段と変わらないね

「それって化粧がヘタってこと?」(29歳・製造)と返された日にはこっちも言葉を失うが、一般的に化粧ネタは男の側に知識がない分、避けたほうが無難なようだ。

まあ、これらのフレーズもイケメンや意中の男性から言われたのならオールセーフ、ということなんだろうが、凡庸なルックスの我々はちょっと気を付けたほうがいいんだろう。

この調査の詳細はSPA!10/11発売号『厳禁!女を激怒させる何気ない一言』でご覧いただける。ナイーブな女心を知りたい男性にぜひ読んでいただきたい。

イラスト/もりいくすお 文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!10/18・25合併号(10/11発売)
表紙の人/香里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中