復活! スパリゾートハワイアンズを再訪した

ハワイアンズ再び

再びスパリゾートハワイアンズを訪れた筆者

3月11日、筆者はスパリゾートハワイアンズ(以下、ハワイアンズ)で被災した。それから、東京に帰るまでの3日間で出合ったいくつもの“奇跡”を記した手記(※)は、小誌および小誌ウェブサイトにて掲載され、予想を超える大きな反響を呼んだ。ネットでの閲覧数は数百万単位となり、mixiでは1000件を超える日記が書かれ、ツイッターでは数千回もリツイートされた。

あれから、約200日。度重なる大きな余震、そして日を追うごとにひどくなる風評被害に苦しみながらも、彼らは止まることなく動き、踊り、走り、有形無形の苦難を乗り越え、10月1日、ハワイアンズはついに営業再開の日を迎えた。

そして10月3日、あの日泊まることができなかったハワイアンズに宿泊させてもらうこととなった。16時に東京を出発し、19時にハワイアンズに到着。早速、ロビーに入り、チェックインする。実は、3月11日はチェックインする前に被災し、チェックインしないままにホテルを後にした。震災当日、先にプールで子供と遊んでいた筆者はこれが初めての、チェックインとなった……。

1966年、廃業寸前だった常磐炭鉱の起死回生の一手として建設されたのが「常磐ハワイアンセンター」。それが‘90年になり、50億円もの総事業費をかけ大リニューアルした結果、できたのが「スパリゾートハワイアンズ」である。それから21年。東日本大震災による約200日の休業期間を経て、この施設は“第三の産声”をあげたといえるだろう。

これは、福島復興の合図として、さまざまなメディアを通じ、全国に届くなか、10/11発売の週刊SPA!「福島スパリゾートハワイアンズ復活の軌跡」では、3.11震災時にハワイアンズで被災した小誌記者が現地を再訪。支配人やスタッフの思いを聞いた。

(※)福島県いわき市「スパリゾートハワイアンズ」の奇跡
http://nikkan-spa.jp/3077

取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/菊竹規

週刊SPA!10/18・25合併号(10/11発売)
表紙の人/香里奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中