飛び込み営業に強い出身大学ベスト5

 9/30発売の週刊SPA!では、「出身大学(裏)ランキング」という刺激的な企画を組んでいる。偏差値では測れないリアルな評価をリサーチする特集だ。そのなかの一つ、「アポなしの飛び込み営業に強い大学」とはどこだろうか。全国のグループ会社で700人超の営業マンを束ねる経営・営業コンサルタントの大橋浩一氏はこう語る。

出身大学「飛び込みの営業部隊で成功している人の特徴は、学歴コンプレックスが強いにもかかわらず自己評価が高い人と、『せっかくいい大学を出ているのだから』と最後のプライドを守りたい人の2タイプ。圧倒的に早稲田大学の出身者が多いですね。20代は劇団員やバンドマンなど夢追い人をしていたがそろそろ定職に就こうとする人や、自由すぎる性格が災いして企業に合わず退職した人など、もう後戻りはできない背水の陣で仕事に取り組み、営業成績を伸ばしている頼れる営業マンです」

 早稲田に続くのが関西、明治、法政、同志社の出身者。

「彼らは早慶以上の学歴がないのを理解したうえで、『同世代には負けたくない』『俺にはデキる』と粘り強く努力を続けて勝ちを掴み取る姿勢があります。そして、転職での入社が多い日東駒専+帝京出身者も優秀ですね。面白いのは教育大出身者。教員を目指していたものの、外の世界で働きたくなって営業に飛び込んでくる人が多いんです。真面目で目の前の仕事をしっかりとこなす彼らは、着実に業績を積み重ねていきますね。そして、埼玉大学や静岡大学のような、超一流ではない国立大学の卒業生も、粘り強く取り組む営業マンが多いですね」

<飛び込み営業に強い大学ベスト5>

1位:人生を投げ出せない「早稲田大」
2位:学歴コンプレックスが強いけれど自己評価が高い「関西大、明治大、法政大、同志社大」
3位:転生組が多く何でもやります系の多い「日東駒専、帝京大」
4位:目の前の仕事に一生懸命取り組む「地方の教育系大学」
5位:埼玉大や静岡大などの「中堅国立大」

 学歴コンプレックス、背水の陣、一念発起した人――。マイナスをバネにできる折れない心を持つ大学出身者が活躍しているようだ。 <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/大ハシ正ヤ>

週刊SPA!10/7号(9/30発売)

表紙の人/山本美月

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中