30g=1万円の抹茶を使用した「超高級プリン」は、裏千家の師範直伝の味

昨今、さまざまな企業が打ち出している「高級ライン」ブーム。食べ物から日用品まで、気になる「高値すぎる商品」を調査してみた

◆30g 1万円の抹茶を使用!超高級抹茶プリン

●プリン研究所おこい
価格:5400円(税込み)/相場:100~400円

プリン

ほかにも国際プリン協会とコラボレーションした「生粋~KISUI~」など種類は豊富。(http://www.shop.puddinglaboratory.jp/)で

 スイーツファンの間で、最近注目を浴びているのが1個5400円の高級抹茶プリン「おこい」。仮に1個500円でも十分高級プリンだと認知されそうだが、なぜこんな高価なプリンを販売したのか。

「日本一のこだわりプリンを作ろうと、30g1万円の抹茶の味をしっかり出すために裏千家の師範から茶道を習い、1つずつ丁寧にお茶をたててからプリンにしています。プリンに5400円は高いと思われるかもしれませんが、手間と原価を考えるとリーズナブルだと思いますよ」(プリン研究所・北村佑介氏)

 購入者は「本当においしいものが食べてみたい」という食通や、贈答用に使われることが多いとか。

 いざ実食してみると、とにかく濃厚! 市販の抹茶プリンの10倍は濃いが、甘すぎないので最後まで楽しめる。また、別売りの抹茶ソース(300円)をかけると濃厚さはさらに増し、まさに抹茶そのもの。「いまのところ、召し上がった方からは『この値段では高い!』とクレームをいただいたことはありません」と北村氏が語るのも頷ける。しかし、なにより「今、日本一高級なプリンを食べている」という満足感こそ、最高の調味料なのかもしれない。

― [高値すぎる○○]実際に試してみた!【6】 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中