大つけ麺博、第1陣の全6食を実食!オススメは「烏賊豚骨」

 今年も待ちに待った「大つけ麺博」の季節がやって来た。今年のタイトルは

「大つけ麺博 第1回みんなで選んだ ご当地つけ麺GP」

 5月からWEBアンケートを募り、そのアンケートに基づいて選ばれた全国各地のつけ麺が選ばれた。

 10月9日から10月29日までの4週間、新宿・歌舞伎町の大久保公園の特設会場にて1週間に6店舗が入れ替わり、計24店舗のお店が全国から参加している。

 大つけ麺博は全て共通の食券制で

・880円の普通盛り
・800円の女性盛り(女性限定)

 があるので、まずは食券売り場で食券を購入してから各店舗に並ぼう。

 ここでちょっとしたお得情報。実はセブンイレブンでも前売り券が購入でき、そらちで購入すると各券ともに50円安いのでオススメだ。

 過去のつけ麺博、全参戦中のトモMCも早速第1陣初日に足を運び、6店舗を実食してきたので、独断と偏見で6店舗の味をレポートする。

◆札幌つけ麺 風來堂の「味噌つけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724094

札幌つけ麺 風來堂「味噌つけ麺」

「味噌のつけ麺」と聞くとなかなか味のイメージがしにくいのだが、魚介豚骨をベースにひき肉、野菜の旨味や甘味が絡み、ドロっとした味噌つけ汁が麺に良く合う。札幌で大人気というのもうなずける味だ。

◆くり山「つけめん」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724103

くり山「つけめん」

 つけ麺の超有名店「六厘舎」や「東池袋大勝軒」で修業を重ねた神奈川県にある有名店。こちらのつけ汁は、濃厚な魚介豚骨に甘味・酸味そして魚粉を重ねた王道の味。美味しいことは間違いないのだが、王道であるがゆえに、個人的にはやや目新しさに欠けるところ。

◆信州鶏白湯 気むずかし屋「信州小麦薫る山賊つけそば」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724108

信州鶏白湯 気むずかし屋「信州小麦薫る山賊つけそば」

 長野県から参戦のお店。こちらの特徴は何と言っても大ボリュームの「山賊焼き」(※どう見てもタルタルソースがかかった唐揚げなのだが、こちらのお店では山賊焼きが正しいようだ)。この山賊焼きの味もさることながら、太くみずみずしいつけ麺とポッテリとした鶏白湯のつけ汁もハイレベルで、非常に食べ応えがある一杯。

◆千葉ラーメン拉通「船橋ソースつけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724109

千葉ラーメン 拉通「船橋ソースつけ麺」

 千葉県船橋市で戦後から愛されていたという船橋のご当地ラーメンを今回のイベントに合わせてつけ麺として改良して参戦。第1陣で一番の「変わり種」だが、肝心の味の方は、少し平打ちなぴろぴろした麺とつけ汁はとても濃くてドロッとしたソースといった感じで、焼きそばのつけ麺バージョンといったところだろうか。トッピングの豚肉と合わせて頂くと、つけ汁・麺・豚肉の味が混然となり、とても味わい深かった。普通のつけ麺に飽きた変わり種が食べたい人にはオススメの一杯。

◆ラーメン海鳴「黄金の鶏白湯つけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724111

ラーメン海鳴「黄金の鶏白湯つけ麺」

 豚骨の本場、九州・福岡から参戦。しかしこちらのお店は豚骨ではなく、とても澄んだあっさりした鶏と魚介の風味が特徴のつけ麺。あっさりはしているが、味わい深いつけ汁は食べ飽きない。無料トッピングで刻みニンニクと、柚子胡椒を付けられるがトモMCは柚子胡椒をチョイス。さっぱりしたつけ汁に柚子胡椒を合わせると味が変わるのも楽しい。

 ちなみに前出の「気むずかし屋」も鶏白湯だが、同じ鶏白湯でもここまで違うのかと食べ比べが出来るのもこのイベントの魅力だ。

◆無鉄砲 無心「烏賊豚骨つけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=724115

無鉄砲 無心「烏賊豚骨つけ麺」

 奈良県に本店を構え、京都、大阪、東京にも支店のあるド豚骨スープが大人気のお店。つけ麺博ではおなじみのお店が、今回引っさげてきたのは「烏賊豚骨」……!!

 早速食べてみると、超濃厚な豚骨に烏賊の肝やイカスミなど混ざっていると思われるつけ汁の味は正に衝撃の一言。まるで烏賊のワタ焼きをそのままつけ麺にした今までに経験したことが無いつけ麺。烏賊の風味と言っても、個人的には生臭さを全く感じず、あっという間に平らげてしまった。この味はかなりの衝撃だった。烏賊の風味が苦手でなければ、是非一度味わってみて欲しい。

 こちらのお店、味もさることながら過去に行われたつけ麺博には全参戦しており、イベント慣れしているのか行列を捌くのがとても早いのに驚いた。行列をしていても意外と早く食べられるのも魅力の一つだ。

 以上、第1陣の6店舗の中からトモMCが、独断と偏見でオススメするお店は

◆無鉄砲 無心「烏賊豚骨つけ麺」

 6店舗ともそれぞれ、違う個性があり美味しさが違うが、この烏賊豚骨の味はたぶん、ここでしか味わえない味で個人的には強く推したい一杯だった。

 1週間ずつ6店舗が入れ替わるこのイベント、是非皆さんも「マイベストつけ麺」を探してほしい。<取材・文/トモMC>

【大つけ麺博 第1回みんなで選んだ ご当地つけ麺GP】
公式サイト:http://dai-tsukemen-haku.com/
日時:10月2日(木)から10月29日(水)まで絶賛開催中。
営業時間:午前11時~午後9時 ※店舗入れ替え日の、10月8日、10月15日、10月22日は午後3時まで
会場:新宿歌舞伎町 特設会場(大久保公園)

【第1陣】10月2日(木)~10月8日(水)
【第2陣】10月9日(木)~10月15日(水)
【第3陣】10月16日(木)~10月22日(水)
【第4陣】10月23日(木)~10月29日(水)

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中