飲酒習慣がなくても肝臓は悪くなる? 健康診断受診者の3人に1人が肝機能に異常あり!

酒を飲めないのに肝臓の数値が……

酒を飲めないのに肝臓の数値が……

 30代も半ばを過ぎると、年に一度の健康診断で気になる数値といえば、体重、胴囲、中性脂肪、コレステロールなど、いわゆるメタボリックシンドロームに関するものだろう。しかし、それと同じぐらい気にしたほうがいいのが、「γ-GTP」、「ALT」、「AST」といった肝臓の数値。意外にも、こうした数値は飲酒習慣がある人以外も注意が必要だという。

 世間一般的には、「肝臓の数値悪化=飲酒」というイメージが強いため、飲酒習慣のある人以外は、こうした数値をあまり気にしていないはず。しかし、昨今では健康診断を受けた人の33%に、肝機能の異常が見られるというデータが公表されており、その割合は、30年前と比べて3倍以上に増えている。3人に1人が肝機能に異常があることを考えると、肝臓の数値に注目しないわけにはいかないだろう。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=725154

2011年人間ドックの概況

出典:「2011年人間ドックの概況」 公益社団法人日本人間ドック学会

 なぜ、肝臓の数値異常を示す人が増えているのか? その原因は「食べ過ぎ」、「ストレス」、「運動不足」などの生活習慣にあると見られている。そもそも肝臓には解毒作用があり、体内で発生したアンモニアを尿素に変え、無害化する働きがある。アンモニアは、肉類など高タンパク質の食品を多量に食べたり、ストレスを受けたりしたときに生じる、体にとって有害な物質なのだ。

 そんなアンモニアの分解処理に関わっているのが「オルニチン」と呼ばれるアミノ酸で、「オルニチン」が肝臓でアンモニアを無害化する仕組みは、「オルニチンサイクル」と呼ばれている。「γ-GTP」、「ALT」、「AST」が異常値を示している人は、肝機能が低下し、このサイクルも弱っている可能性があるわけだ。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=725155

オルニチン協会の調査

オルニチン協会の調査より。オルニチンを摂取している人のほうが数値が改善している

 では、いったん低下した肝機能を正常に戻すことはできないのかいうと、そうでもない。肝臓は自己修復力を持つ珍しい臓器のため、「オルニチン」を体外から補充するなどのケアによって、再び機能を高めることが期待できると考えられている。オルニチン研究会の調査では、肝臓の数値が高めの人にオルニチンを毎日摂取してもらったところ、およそ8週間で改善効果が見られたという。日常的にオルニチンを取ることが、肝機能を回復させる可能性があることが示されたわけだ。

シジミ ご存じのとおり、「オルニチン」はシジミなどに含まれる成分で、日本では昔から「二日酔いにはシジミが効く」と言われてきた。しかし、二日酔いの解消以外にも、「疲れにくくなった」、「ぐっすり眠れて、朝の目覚めがよい」といった声が、継続してオルニチンを撮っている人から同研究会には寄せられているという。

 食欲の秋だからといって暴飲暴食していると、知らず知らずのうちに肝臓がダメージを受けてしまう。まだ大丈夫と過信せず、「オルニチン」を日常的に取って、“沈黙の臓器”である肝臓をケアすべきだろう。

●オルニチン研究会サイト http://ornithine.jp/lp/

<取材・文/日刊SPA!取材班>

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中