「マセラティなのに右ハンドルっていうのもスゴイ!」壊れるマセ様の専門家もうなる新型ギブリ

かつてクルマの故障の分野では、フェラーリやアルファロメオ、シトロエンなどが“故障の猛者”として恐れられてきたが、それらはだいたい’90年代に更生し猛者の名を返上。以後マセラティが宇宙一故障するクルマの座を守ってきた。しかし’97年にフェラーリの傘下に入ったマセ様は再生。今、猛烈に売れております。もう故障の帝王とは呼ばせない!?

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

マセラティ

先代ギブリの粋すぎるデザインは、まさにイタリアの壊れやすい宝石! まるでだめ男は故障知らずで頑張りましたが、やっぱ皆様、壊れないクルマ(新型ギブリ)が、お好きのようです!

◆壊れないマセラティを壊れるマセラティの専門家に乗ってもらいました【後編】

⇒【前編】はコチラ

 さて、捨て身じゃなくても乗れる普及版マセラティである新型ギブリ、岡本氏の評価はどうか。

岡本:「こりゃスゴイ!」

オレ:「何が凄いんです!」

岡本:「歩道の段差を乗り越えても、下まわりをどこも擦らない!」

オレ:「これくらいはフェラーリでも行けますよ!?」

岡本:「いや~、昔のマセラティはダメです。まずマフラーが当たる。ものすごく下に出っ張ってんですよ。これは安心なクルマだ!」

マセラティ

ギブリはV6ツインターボ330馬力で834万円~。マセラティは今年創業100周年。かつてはF1などモータースポーツにも積極的なメーカーでしたが、シトロエン、デ・トマソ、フィアットの傘下を経て、フェラーリ直轄になるまで苦難の道をたどりました

 さすが評価の基準が違う!

岡本:「マセラティなのに右ハンドルっていうのもスゴイ! おかげで駐車券が取りやすい!」

オレ:「そう言われれば!」

岡本:「走りもしっかりしてます。伝統のV6ツインターボ、低回転から怒濤のトルクは継承されてるし、なによりこれ、フツーに足になりますね!」

オレ:「そう言われれば! だからこそ売れ行き3倍増なんですネ!」

 昔のマセラティを知ってる者からすると、新型は伝統のエロい内装にコストダウンが目立ったりもする。でも、宇宙一故障するビトルボ系マセラティと20年近くも格闘を続けてきた岡本氏にすれば、故障しない(たぶん)マセは、それだけで天使に見えるのかも。なんせ昔のは、ホーンを鳴らした瞬間に電気系がショートしてエンジン死亡、長期入院するようなクルマだったから!

 ただ一か所、今回の試乗車も、ルームランプがずーっと点きっぱなしで、どうしても消せなかった。岡本さん、これはどこの故障でしょう。

岡本:「タイマーリレーか、ドアラッチ内蔵のマイクロスイッチでしょう。先々代クアトロポルテでもよく起きますよ、点かない側だけど」

オレ:「なるほど!」

 と思ったら実はこれ故障ではなく、インパネの明るさをMAXにすると、自動的にルームランプが点くようになってるんだって(岡本氏も驚愕)。いったいナゼ!? こんなの他メーカーじゃ聞いたことない。さすがマセラティ! 

 まあとにかく、クルマなんてホントは、走れなくなんなきゃ故障のうちに入らないんでよろしく。

【結論】
岡本社長が、フツーに走るのがスゴイ!と絶賛のギブリ。これでもう、地上から壊れまくるクルマは消滅しました。寂しくって涙が出ます(ドM)。でもマセラティがメジャーになるのはうれしいです

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中