大つけ麺博、第2陣の全6食を実食レポ…魅惑の「吟醸味噌ぎんだら」

 10月2日(木)から開催中の「大つけ麺博 第1回みんなで選んだ ご当地つけ麺GP」。10月9日(木)から第2陣に突入。第1陣に続き初日に突撃し、全6食を実食してきた。

第2陣のラインナップ

◆麺屋 菜々兵衛「つけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728979

麺屋 菜々兵衛「つけ麺」

 北海道からやってきたお店。鶏白湯とうたわれているつけ汁は魚粉と酸味、甘味、そして他の鶏白湯とは違う独特なスパイシーさがあり、かなり濃厚。もちもちで全粒粉入りの麺との相性が抜群だが、個人的に少々塩気が強すぎた感も……。麺をつけ汁に浸すバランスに気をつけて食べることをオススメしたい。

◆らーめんstyle JUNK STORY「たまり醤油仕立ての煮干鶏白湯」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728982

らーめんstyle JUNK STORY「たまり醤油仕立ての煮干鶏白湯」

 こちらのつけ汁はとにかく濃厚でドロドロしている。肉や野菜などの素材が全て溶けたようでまるでシチューのよう。つけ汁のドロドロ度は間違いなく第2陣ナンバーワンだ。トッピングのチャーシューもレアなローストポークで食べ応え満点。鶏の濃厚さは十分に感じることができるつけ麺だったが、個人的にたまり醤油感をあまり感じることが出来なかったのが残念!(一緒に食べに行った友人と話をしていて、『もしかしてたまり醤油を入れ忘れられたのでは?』という疑念も……。)

◆ストライク軒「NEOシンカー(進化系つけ麺)」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728983

ストライク軒「NEOシンカー(進化系つけ麺)」

 平打ち麺に、フライドオニオンやキャベツなどが入った塩系のつけ汁(正式名称は「ライト系鶏貝白湯」らしいが)は見た目よりも味が濃厚でオイリー。具材、つけ汁、麺の味が合わさり、とても食べやすいつけ麺。

ジェット風船

何故か店頭に置かれていたジェット風船

 こちらのお店、店頭に何故かジェット風船が置いてあり、一体何に使うんですかと店員さんに訊ねたところ「いやー7回の裏になったら飛ばそうと思うんですわ!」との答えが。

 7回の裏が一体いつのことかは定かではないが、もし飛ばすタイミングに立ち会った際は甲子園球場にいる気分で一緒にジェット風船を飛ばしてみてはいかがだろう?

◆らーめん吉田商店「吉田流・佐野つけそば・牛モツの襲来!」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728993

らーめん吉田商店「吉田流・佐野つけそば・牛モツの襲来!」

 昨年に続き栃木県から、栃木のご当地ラーメンである「佐野ラーメン」を吉田商店流にアレンジして参戦。豚、鶏、牛をつかったという澄んださっぱり目のスープに牛モツのコクが加わり独特の味わい。ピロピロした平打ち麺が佐野ラーメンを思わせる。なお、こちらのお店ではスープ割りをすると、最初とは違う牛モツをサービスで入れてくれるので是非、スープ割りも試してみよう。

◆肉玉そば おとど「濃厚旨辛鶏つけ麺」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728994

肉玉そば おとど「濃厚旨辛鶏つけ麺」

 昨年の「大つけ麺博 日本一決定戦2」で第3位に輝いたお店。濃厚な豚焼肉が乗っかったラーメンで有名なお店だが、今回は鶏肉をメイントッピングにして勝負。つけ汁はポッテリとした濃厚な口当たりで、少し甘さも感じる力強い味。半熟卵も入っているので、それを溶くとまろやかさが増す。

 麺に鶏焼肉、砕いたピーナッツ、青ネギが乗っており、これらを混ぜてつけ汁に合わせると食欲をそそられて、とても食べ応えがある。小袋のラー油を途中で投入したが、つけ汁が濃厚過ぎるからなのか、辛さの効果をあまり感じることが出来なかったのが少し残念。

◆鮮魚らーめん 五ノ神水産「吟醸味噌つけ麺ぎんだら搾り」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=728995

鮮魚らーめん 五ノ神水産「吟醸味噌つけ麺ぎんだら搾り」

 東京・神田で銀だら、鮭、雲丹などの「鮮魚系ラーメン・つけ麺」を提供するお店が、このイベント用に仕上げてきたのは、普段の銀だらスープに吟醸味噌を加えたつけ麺。銀だらをすり潰したような独特の銀だらスープに吟醸味噌の芳醇な風味が合わさり、うっとりしてしまうような味わい。

 思わず頼んでしまったトッピングの銀だらスペアリブ(200円)は、スペアリブというよりは西京焼きのようで、思わずご飯が欲しくなってしまった。骨際の部分だが、思いのほか身が付いており食べ応えもある。普通に付いている、レアな鶏チャーシューも絶品で大満足。個人的には期間中、毎日でも食べたい極上の一杯。

 以上、第2陣の6店舗の中からトモMCが、独断と偏見でオススメするお店は

◆鮮魚らーめん 五ノ神水産「吟醸味噌つけ麺ぎんだら搾り」

 第1陣の烏賊豚骨(http://nikkan-spa.jp/724078)も凄かったが、この「芳醇味噌つけ麺ぎんだら搾り」もここでしか食べらない味だ。魚系が非常に強いので好みが別れる味だと思うが、年に1度のイベントなのでこのくらい個性のあるつけ麺に出会えるのが、個人的にはとても嬉しい。

 残りの第3陣、第4陣でもビックリするようなつけ麺に出会ってみたい。 <取材・文/トモMC>

【大つけ麺博 第1回みんなで選んだ ご当地つけ麺GP】
公式サイト:http://dai-tsukemen-haku.com/
日時:10月2日(木)から10月29日(水)まで絶賛開催中。
営業時間:午前11時~午後9時 ※店舗入れ替え日の、10月15日、10月22日は午後3時まで
会場:新宿歌舞伎町 特設会場(大久保公園)

【第2陣】10月9日(木)~10月15日(水)
【第3陣】10月16日(木)~10月22日(水)
【第4陣】10月23日(木)~10月29日(水)
【第1陣】は既に終了

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中