ホリプロTSC初の声優アーティストは“ほっとけない”田所さん

TSC36 グランプリ 田所あずさ

グランプリ 田所あずささん

『第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン ~次世代声優アーティストオーディション~』決勝大会が、10日(月)、東京の品川ステラボールにて開催された。応募総数は12,745名。国内13か所とL.A.にて行われた予選、熱海合宿を経て選ばれたファイナリスト10名が演技審査、歌唱審査に挑んだ。決勝大会は、抽選で選ばれ会場に招待された一般の方、ニコニコ生放送のユーザーが見守る中で行なわれた。

グランプリに選ばれたのは、茨城県出身の田所あずささん(17歳)。特別賞の該当者はなし。

発表後は、「何が起きているのか、よく分からないです。ありがとうございました」とコメントし、終始泣きじゃくり驚きと喜びを抑え切れない様子だった。

⇒【フォトレポート】奥井雅美&May’nのライブほかイベントの模様を写真で紹介
http://nikkan-spa.jp/72945/tsc36_16

緊張しながらも、方言まじりで一生懸命自分の言葉で話す姿には、会場中が聞き入っていた。今回、グランプリに選ばれた理由として、各審査員のコメントで印象的だったのは、「ほっとけなさ」と「人間性のよさ」。彼女の魅力、彼女に寄せられている期待は何なのか? 審査員のコメントを抜粋して紹介する。

◆TSC実行委員長 金成氏

「現時点では、歌も演技もまだズバ抜けているという状況ではないのですが、声質がいいんです。あとは、抜群のほっとけなさ。今回のオーディションでは、伸びシロと人間性を重視して選んだので、この先10年20年と一緒にやっていくうえで、どのコの人生を一番背負いたいかなと考えた時に、田所さんが浮かびました」

◆緒方恵美(声優・歌手)

「今までのアイドル声優たちもみんなかわいいし愛しているんですけど、今回のオーディションには、一段違う表現ができている人たちが揃っていて凄いなと思いました。今仕事をしていて、これからの人に必要なのは人間性だと強く思っています。人間性がよいと演技も素直だったり、あたたかだったり、にじみ出てくるものがあるんです。声の仕事って声だけになるとウソが全部バレてしまう。本当に強く想像して、本当に強く思っていないと芝居にならないし、みんなの心をうつような芝居はできない。なので、等身大の役が多い今、素直でみんなのことを大事にしようという気持ちを持っている人が強い。あたたかく育てようと思う事務所さんがあって、みんながあなたがいいと思ってる。今の気持ちを大事にがんばってください」

◆奥井雅美(アニソンシンガー)

「私は歌手なので声優業界のことは詳しくないのですが、長いスパンで見て育てて人生を請けおって育てようということは、声優業界ではあまり例を見たことがありません。期待もされて背負うものもあると思うんですけど、その分色んな人の愛に支えられて、がんばろうという気持ちも強く持てると思うので、最初の1年まずはがんばって。長く続けてる人はみんな人間性がいい人なので、そういう方たちに倣って成長してください」

◆堀内賢雄(声優)

「私は声優の世界で30年、たくさんのタレントさんに合ってきました。グランプリに輝きましたが、これから色んなことが始まっていきます。歌、アニメ、ドラマ、ナレーション、どんな仕事でも最終的にはハートの部分が大事。ホリプロさんの中で色んな仕事をやっている方たちが色んなことを教えてくれると思いますので、せっかくグランプリを掴んだのだから、大きな、大きなタレントを目指していってください」

◆May’n(アーティスト) ※2003年TSC特別賞

「今持っているがんばるぞっていう気持ちと、アニメやアニメの音楽が好きっていう気持ちがあれば、ずっとがんばることができると思うので、何があっても楽しんで、とにかくがんばってほしいなと思います。今日ここに来ていただいてる方たちは、きっと応援してくれると思うんですけど、ここにいる何百倍何千倍の人に声と歌を届けられるよう、私も応援しているので、がんばってください。これからよろしく!」

◆辻谷耕史(声優) ※予選審査、合宿の演技指導も担当

「おめでとう。ここまで大変だったね。よくがんばったね。地方予選、合宿とずっと見てきて、ホリプロスタッフのフットワークのよさ、チームワーク、組織力、情熱、愛に感服しました。こういった事務所のスタッフに囲まれて、これからお仕事ができるというのは、とても恵まれていることだと思います。今の気持ちを忘れずにがんばって下さい」

1973年から続く、ホリプロタレントスカウトキャラバン。今回は初めての試み「声優アーティスト」。審査員のコメントから感じられる田所さんの“ほっとけなさ”とホリプロの本気に、これからも目が離せない。

◆田所あずさ プロフィール
【生年月日】1993年11月10日
【星座】さそり座 【出身地】茨城県
【身長】158cm  【血液型】AB型
【尊敬する人】沢城みゆきさん、中島愛さん
【好きな言葉】「笑う門には福来る」
【好きなアニメ】銀魂、夏目友人帳、青の祓魔師、涼宮ハルヒの憂鬱、クレヨンしんちゃん、うさぎドロップ
【好きな食べ物】抹茶味の食べ物、パン、梅昆布

取材・文・撮影/日刊SPA!取材班

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中