外務省発のWEBサイトに出てくる「異様に可愛いキャスター」は何者?

「はるちゃん」こと高橋春留奈さん

「はるちゃん」こと高橋春留奈さん

#Earth Action Studio Japan(アース・アクション・スタジオ・ジャパン)』なる外務省発のWEBサイトをご存じだろうか? たぶんご存じないだろう。ご存じない、おそらく大半のキミにひとつ、重大な情報をお伝えしよう!

 このサイトの動画にキャスターとして登場している「はるちゃん」という女子がむっちゃカワイイのである。さっそくアポって、凸撃&密着取材を敢行した!

「はるちゃん」は、本名を「高橋春留奈」という。22歳であるらしい。はるちゃんは、顔が丸くて小さくて微妙にツリ目系でショートカットで手足が細くて長い。つまり、ゴメス記者のドンズバタイプである。

 はるちゃんがキャスターを務めている『#Earth Action Studio Japan(=#EASJ)』(http://earthactionstudiojapan.go.jp/)というWEBサイトは、外務省が公式に発信している期間限定(10/1~10/31)サイトで、省庁がバックに控えているにしては、なかなかポップな仕上がりになっており、本来おカタい「国際協力」についてのあれこれを、かなり噛み砕いたかたちで説明している。

 なぜ今さら「国際協力」なのかといえば、どうやら今年2014年は、日本が開発途上国に対するODA(政府開発援助)を開始してから60年の節目となる「国際協力60周年」の年であるらしく、その広報キャンペーン一環として、いろんな“試み”を大々的に行っているのだ。

 こんなにカワイイんだから、どうせどっかの事務所にでも入ってる新人タレントとかだろ、と思いきや、どーやらそーいう感じでもないようで、いわゆる「普通の大学生」(来年4月には某企業に就職することも決まっているとのこと)であるらしい。いかにも省庁が好みそうな経歴である。もちろん、(たぶん)巨乳じゃなくて清潔感のただよう容姿も含めて、だ。

 キャスターとしてのしゃべりは、お世辞にも上手いとは言えない。ゴメス記者が同行した『グローバルフェスタJAPAN 2014』という、政府機関やNGO企業などが出展する日本最大級の国際協力イベントの現場ルポでもセリフを噛みまくり、ときには10回近くもリテイクを命じられていた。となりでは、フジテレビの取材班が、やはり現場ルポの収録を行っていた。そのキャスターの“仕事”はとても流暢で、ほぼすべての撮りを一発でキメて、淡々とこの日のノルマを果たしていた……。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=731298

なかなかOKが出ず、カメラの前で悪戦苦闘中のはるちゃん

「なんでこの子なんだろう?」

 こう素朴な疑問を抱いた僕・ゴメス記者は、思いきってはるちゃんにやんわりと聞いてみた。キャスター役がキミに決まった理由って知ってる?

「私もよくわからないんですよー(笑)」と朗らかな答えが返ってきた。

 正直な話、このサイトづくりに携わる前は、「国際協力」について真剣に考えることなんて一度もなかったという。ODAの正式名称だって、NPOとNGOの違いだって、青年海外協力隊を「JOCV」と略すことだって、全然知らなかった……。

 そんなはるちゃんは今、家に帰ると、次のナレーション収録に備えて、ご飯を食べるときもお風呂に入るときも、トイレやベッドの中でも「次はセリフを間違えないように」と台本を何度も何度も声を出して読み返しているのだそう。「国際協力」に関する知識も、ようやくすんなり同級生にひけらかせるくらいは身についたと、はるちゃんは微笑む。

 このWEBサイトは、「世界一わかりやすく国際協力を伝えるサイト」というキャッチコピーを掲げており、「国際協力」に無関心なヤング層を取り込むことが大きな狙いのひとつなのだという。

 最近はるちゃんは、このキャスターの仕事を始めてから「自分にも身近でなにか国際協力できることってないのかなぁ?」などと、よく考えるようになったらしい。

 そういう意味で、一人の女子大生が、たまたまのきっかけで「国際協力」キャンペーンの一端に触れることになり、その知識を得て健気に伝えようとする“努力”は、すでに充分な“国際協力への関わり”となっているのではないか?

 そして、四苦八苦しながら慣れないキャスター役を演じる彼女の姿は“等身大”として、センター街をぶらついている若者たちの目にさえも映るかもしれない。

 素晴らしい人選である。単なる偶然かもしれないけど?

 あと、コレも外務省のお墨付きで、スチャダラパー・中孝介……ほかのアーティストを招き、音楽でも国際協力(ODA)生ライブ・生中継ってえのをヤッちゃうんですと!

 なんか、今までにない妙な動きをみせてるぞ外務SHOW!? <取材・文/山田ゴメス>

●『僕らが世界にできること』音楽篇
日時:10月17日(金)17時30分~23時00分
場所:ニコファーレ(東京・六本木)
ニコ生・イベント中継:http://live.nicovideo.jp/watch/lv195083171

【山田ゴメス】
山田ゴメス1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。また『解決!ナイナイアンサー』のクセ者相談員の一人でもある。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中