今、東京の[立ちんぼ]に何が起きているのか?【後編】

近年、東京都が断行している“浄化作戦”により、夜の楽しみが衰退の一途を辿っているといわれて久しい。そんななか、街頭にたたずむ「立ちんぼ」事情はどうか? 深夜の裏通りに潜入した!

◆新大久保から歌舞伎町、渋谷、池袋……暗がりに蠢く街娼たちの現在【後編】

⇒【前編】はコチラ

錦糸町 次に、ロシア人や東欧系など金髪立ちんぼが有名だった錦糸町にも来てみた。だが、もう金髪系はいないという。「随分前にもっと稼げるマカオやマレーシアへ移った」と、待ち合わせに使われていた焼き肉屋スタッフ。金髪がいてもそれはフィリピーナで、お金に厳密なロシアンや東欧系はとうに見切りをつけたらしい。立っているのはチャイナエステの小姐ばかりだ。

 一方、池袋駅北口のホテル街はさらに閑散とした様子。ほとんどが客待ちか引き揚げの車を待つデリヘル嬢で、ここもチャイナエステの客引きばかりになっている。

 立ちんぼの減少は法規制やカメラなどの設置だけが理由ではない。年に3~4回は立ちんぼの世話になっているという40代男性はこのように語る。

「利用できるラブホがどんどん減っているんです。定宿として使っていた格安ホテルが次々と潰れたり、レンタルルームへと変わっているのが大きいと思います。レンタルルームは実質、デリ店専用の場合が多く、フリー売春婦は利用できない。立ちんぼを買って、さらに1万円以上かかるようなブティックホテル代を払う客なんていないですからね」

 これは渋谷、蒲田なども同様だ。

 かつて東電OL事件(※97年、街娼をしていた東電OLが客に殺害された事件)が起こり、東京のもう一つの立ちんぼの中心地であった渋谷・円山町はまったくそれらしい影は見えず、坂道や階段を行き来しても、一人で歩いている女性はどれもがデリ嬢だ。ミニスカートやスーツスタイル、そしてブランドバッグ、もしくはキャリーケースという鉄板の服装をしているのですぐわかる。蒲田では深夜になると中国、東南アジア系の露出度の高い集団が街頭に立つが、夏休み以降はなりを潜めている。理解のありそうな老舗ラブホテルは点在するが、駅からは遠く幹線道路に面しているため目立ちやすいのだ。

 取材に応じてくれた韓国人ニューハーフは、客にすっぽかされたからと、食事に誘ってくれた。立ちんぼ市場の縮小とともに、このように顧客と立ちんぼ嬢との距離が縮まり、当然サービスも充実……という変化が起きたようだ。客からすれば「一発だけで十分」だからこその“立ちんぼ”なのであるが……。

取材・文/木下秀彦 ※写真はイメージです

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中