会社に黙って引っ越し、浮かせた定期代9万円を懐へ【みみっちい偽造・偽装を重ねる人々】

カード明細を切り貼り、日付を巧妙に書き換え……みみっちい「偽造・偽装」を重ねるのは、どこぞの地方議員たちのみにあらず。小銭・小利益を得るための、ある意味、熱意とマメさに溢れる人々の手口を探ってみた

◆忙しさを演出してタクシー代をせしめる者も

会社に黙って引っ越して、浮かせた定期代9万円超!…バレて閑職に 経費管理が厳しさを増す昨今。

「タクシーは深夜帰宅のみOK。疲れてつい終電前に乗ってしまったら、日時が刻印されている領収書の『お客様控』は、忘れず切り取って提出する」(31歳・男・広告)のは、まだマジメなほう。

「まず、特定の運転手と仲良くなり、客が受け取らなかった領収書をもらう。一方で、週1回は終電ギリギリまで会社にいるようにして、周囲に『あいつは忙しそうだ』と思わせておく。信頼が得られれば、タクシー申請も通りやすい」(29歳・男・商社)と、カラタクシー代のせしめ方を臆面なく語る手練れがいれば、「入社当初は実家のある群馬県から通ってたが、すぐに都内に引っ越し、会社に届け出ず、支給される半年定期の差額9万5000円を懐に入れていた」(29歳・男・建築)という剛の者も。

 が、この男性、4年後に同期の告げ口で不正が発覚。使い込んだ額の半額の返還を求められ、閑職に追いやられたとか。そう、悪因悪果――報いはある(と信じたい)。

「休憩もなく、唯一の楽しみは閉店後のビール。客席に運ぶお櫃のご飯を減らし廃棄量を減らしたり、サラダなど規定量から少し減らして原価計算上バレないようにビール分を捻出」(27歳・女・飲食)

「わざとオーダーを間違えて、余った料理をもらって食費を浮かせています。冷めたら出せないものを選ぶのがコツで、揚げ物が最適。お刺し身が食べたいときは、閉店直前にわざとミスオーダー」(19歳・女・飲食店アルバイト)

 という彼女たちの“勤労”も、報われますようにと祈るばかりだ。

職場 ほか、「視聴者プレゼントを友人の名前を使って横領。ネットで売るときは、身元がバレないようにIDを使い分ける。安月給なんだから、これくらいの特典がないとやってらんない」(28歳・男・映像)という“言い分”も。

 それと比べると、「仕事中のネットサーフィンは、画像を非表示設定にして文字だけにしておくと『調べもの』的な雰囲気が出せる。あと、フォルダを閉じたり開いたりを繰り返して作業中を演出したり。必要もない重いデータをDLして、その画面を出しておくと、ぼーっとしていても仕方ないと思ってもらえる」(45歳・男・IT)という“仕事している”偽装は、なんて言うか、いろいろ平和だ。

イラスト/こまつめ組
― セコすぎる[偽造・偽装]事件簿【2】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中