40男は「ちょいダサ」くらいの方がモテる

「やっぱり女は、デキる男と金持ちにしかなびかないのか……」と決めつけるのは間違っている! さまざまな証言によると、カネや才能とは直接関係のないところで、オヤジならではの「人間力」が評価されているのだ。人間力とは日常の些細なシーンに顔を出すもの。女たちが「モテオヤジ」と認めた人物に共通する習慣を探った。

◆モテる40男は「ちょいダサ」

「ちょいダサ」の40男が実はモテる ジローラモのようなスタイリッシュオヤジは、現実世界では通用せず。「ファッション誌の完コピみたいなオヤジは、『若い女はアクセサリー』とか言ってそうで萎える」(26歳・Web制作)。

 無論、上質のアイテムをさりげなく着こなすオヤジは最高にカッコイイのだが、周囲に実例が乏しいらしく、洋服の調達先としてはGAPや無印などのカジュアルブランドが推される結果に(※58%)。

 アンチエイジングについても、気を使ってほしい派となるべく自然にしてほしい派では、後者がやや優勢(※55%)。

「理想は吉川晃司。プロとしてカラダは鍛えているけど、白髪は放置。あれで染めていたら全然カッコよくない。健康のために最低限の運動はすべきだけど、若く見せようと頑張るのはナンセンス!」(34歳・広告代理店)

 居酒屋でのドリンクのチョイスに「ビール」より「ハイボールや本格焼酎」が支持された(※55%)のも興味深いところ。

「ビール派は、若いヤツらと一緒に『ウェーーイ』とか言ってそうで年がいがない感じ。オヤジならオヤジらしく渋い酒を飲んでいてほしい」(33歳・司書)

「正しく枯れる」のが正解だ。

<モテる生活習慣>

●ファッションアイテムは無印で十分
●白髪は放置してロマンスグレーに
●健康のためにカラダは鍛える
●ビールよりもハイボール

※20~35歳の女性200人を対象に「身近にいる“モテる40代男性”」について調査
― なぜか[モテる40男]の生活習慣【2】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中