国会議員の興味は「政治とカネ」

政治とカネ

帯には「永田町激震!」の文字。10年11月発売なのに11年10月時点でもランクイン

参議院内にある五車堂書房には「国会議員はもちろん、秘書や国会図書館の人も来るね。いずれにしても皆、公務員ですよ。一般の人は入れないから」。となるとやはり、売上ランキングにも特徴あるんでしょうな。

「ランキングも何も、大して売れてない。売れるのは薄くて安い新書や文庫。厚くて高い本なんか売れやしない」と、ご主人がボヤきながらのランキング発表。

 1位は合同庁舎内にある島田書店と同じだが、2位以下はやはり政治色が出てるような……。

「まあ、だいたいが新しく発行されたものですね。長く売れてるのは7位の海部さんの本。出版されたのは去年だから。『政治とカネ』というタイトルが気になるんじゃないのかな」

 海部さん以外、政治家の著書が見当たらないけど……?

「現役の政治家の本は売れないと思いますよ。最近では小沢さんの『悪党』がヒットしたけど、アレは書いたのは秘書だしね。政治家が出版しても、だいたいはパーティで配っておしまいなんじゃないかな(笑)」

【五車堂書房売上ランキング】

1位:『官僚の責任』(古賀茂明/PHP新書)

2位:『決断できない日本』(ケビン・メア/文春新書)

3位:『原発を終わらせる』(石橋克彦/岩波新書)

4位:『世界を知る力 日本創生編』(寺島実郎/PHP新書)

5位:『消費税をどうするか』(小此木潔/岩波新書)

6位:『「通貨」を知れば世界が読める』(浜矩子/PHP新書)

7位:『政治とカネ』(海部俊樹/新潮新書)

8位:『日本の領土』(芹田健太郎/中公文庫)

※「累計では浜矩子のはよく売れた」とか。この店でコレが売れるのも不安だなあ

― [意外な(局地的)ベストセラー本]大調査【4】 ―

政治とカネ―海部俊樹回顧録 (新潮新書)

戦後政治の光と影を知る、首相経験者による前代未聞の証言。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中