【豪雨被害のすさまじき惨状】巨大な土砂が河のように…

集中豪雨や巨大台風、異常な暑さや寒さ……毎年のように起きる異常気象は、地球温暖化の進行によるものだったとの見方が強まっている。既に温暖化地獄は始まっていたのだ!

◆山が崩れ土砂の濁流に!兵庫県丹波市の惨状

 今、地球温暖化が原因とみられる気候カオスが世界を脅かしている(※参照:http://nikkan-spa.jp/742762)。日本においても、異常気象による被害が頻発しつつある。

異常気象

広島市では107件の土石流、59件のがけ崩れが発生。安佐南区と安佐北区では74人が亡くなり、44人が負傷した。丹波市では、全壊17軒、床上浸水が98軒、床下浸水が321件。その他、林地崩壊や、道路冠水などの被害が

 今年の8月に、京都府福知山市や兵庫県丹波市で記録的な集中豪雨が発生。その直後に広島市で、豪雨による大規模な土砂災害が発生した。神戸市に拠点を置き、全国の災害被災地への支援活動を行っている「被災地NGO恊働センター」の村井雅清代表はその凄まじさをこう語る。

「丹波には私も支援活動のため、毎週通っているのですが、山の表面がベロッと剥がれ、そのまま巨大な土砂が河のように押し寄せてきた、という感じですね。前山という地区は、被害がなかった家はわずか3軒だけでした」

 村井氏は、災害から3か月近く経った今も、現地の状況は厳しいと強調する。

「主な道路は、土砂が片付けられているのですが、家の中はまだ流れこんできた土砂が残っています。部屋中、背丈以上の高さまで土砂で埋もれている家もあり、これらを除去しても、長期間湿った環境にあったので、カビがすごい。田畑はどこも土砂で埋もれて壊滅状態です。来年の作付けの準備をしないといけないので、農家の方々は切実です。土砂を取り除くために私たちもボランティアを派遣していますが、まったく人手が足りません」

異常気象

西日本を襲った豪雨、濁流がすべてを破壊

 凄まじいばかりの被害状況を目にして、村井氏は災害を軽減する具体的な取り組みが必要だと、改めて痛感したという。

「戦後の拡大造林で、多くの山々の森が人工林にされたにもかかわらず、その後の手入れが行われていないので、荒れ放題。結果、森林の保水能力が奪われ、豪雨で降り注いだ大量の水が一気に流れてくるし、木々も弱々しく、しっかり根を張っていないので、簡単に倒れ押し流されてしまう。流されてきた木々は人々や家々を襲う凶器になります。安倍政権は『国土強靭化』を掲げ、莫大な予算も投じるとしているのですから、山林の土砂崩れ防止にも力を入れてもらいたいものです」(村井氏)

取材・文/志葉 玲
写真提供/被災地NGO恊働センター(http://www.pure.ne.jp/~ngo/
― 地球温暖化で人類滅亡が始まっていた!【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中