ディーゼル天国ニッポン、主役はマツダとBMWの2強なり!

ガソリン価格が高騰して久しい昨今。レギュラー150円、ハイオク160円なんてのが、当たり前になってきました。そんななかハイオクよりリッター30円以上も安い軽油で走るディーゼル車が人気に! 日本のディーゼル市場は、今やマツダとBMWの2強時代でございます

ディーゼル車MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆日本はいつの間にかディーゼル天国!? 牽引する勇者2台を乗り比べてみました

 驚くべきことだが、日本の自動車市場で、ディーゼルブームが起きている。ディーゼルエンジンは知的で高級なパワーユニット。なぜなら「加速も燃費もガソリンエンジンより優れてるから!」そういう認識が広がりつつある。

 日本にクリーンディーゼルを真っ先に投入したのはメルセデス・ベンツ(’06年)で、国産勢では日産がエクストレイルでそれに続いた(’08年)。しかし現在の主役は、マツダとBMWに移っている。

 マツダはスカイアクティブDを投入して以来、ブランドイメージが劇的に向上し、今や国産で唯一、輸入車と競合するブランドになった。マツダディーラーには輸入車ユーザーの試乗申し込みが絶えず、私自身もアテンザディーゼルが出たときにシトロエンで試乗に行きました。そのとき、営業マンに「BMWやベンツから乗り換えを検討しているお客様が多いです」と言われ驚愕。日本では、国産車と輸入車は一切競合しない(レクサスでも)。つまり輸入車を欲しがる層は、国産車は眼中にないと言われていたのに、今やマツダ最大のライバルはBMWなのである。

 そのBMWは現在、日本での販売台数のうちディーゼルが3割。ディーゼルがラインナップされているモデルに限れば5割に達し、ヨーロッパ市場と同レベルだ。わずか2年でここまでディーゼルが伸びるとは!

 快進撃を続けるマツダとBMWは、ディーゼルのラインナップ拡充を続けている。マツダはデミオに新開発の1.5リッターディーゼルを投入。対するBMWも、MINIクロスオーバーにディーゼルモデルを追加した。排気量はBMW320d(508万円~)と同じ2リッターだが、ターボの過給圧が低めで馬力も低め。そのぶん価格も低めで341万円から。ガソリン車との比較だと20万円高だが、政府の補助金や減税で15万円分が埋まり、実質たったの5万円高! 2年でモトが取れる。しかもディーゼルは今、中古車市場で人気抜群で下取りも高い。こりゃもう「ディーゼルを選ばないのはバカ!」って感じですか?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=747018

MINIクロスオーバー

MINIクロスオーバー・ディーゼルには、2リッターで112馬力のモデル(341万円)と同じく2リッターで143馬力(387万円)のモデルがあり、112馬力のモデルには四駆もラインナップする

 乗ってみると、やっぱりBMWのディーゼルはガラガラ音がうるさくて、トラックが来たかと思います。MINIの場合、アイドリングストップもついてないので信号待ちでもガラガラガラ。あんまりエリート気分じゃないな……。

 加速はさすがに力強い。MINIクロスオーバーはデブで車体が重いので、ガソリンエンジンだと遅さが気になったけど、これならオヤジ4名乗車でも坂をグイグイ登る。軽油はハイオクよりリッター34円くらい安いので、乗るたびにお得感バリバリ。問題はガラガラ音だけですな。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/746056

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中