海外での「歩きスマホ」が危険な理由

普段、あなたが何となくとっていた行動や良いと信じて行っていたことが、実は自分や周りに害を及ぼすとしたら……!? 朝起きてから眠るまで、あらゆるシチュエーションのNG行為をジャッジしてみた

【海外編】電車遅延を駅員に怒ると外国では逆ギレされる!

日常に潜む![実はやってはいけない]行動 海外編 国や文化が異なれば、日本では普通の行動が「やってはいけない」ことに変わる場合も。ロンドン在住の「めいろま」こと谷本真由美氏に、ヨーロッパの国々でのNG行為について聞いた。

「例えばイタリアやフランスのブティックでは、店内に置かれた商品を勝手に触ってはいけません。安物のチェーン店などは別ですが、高給な品を扱う店だと怒られる可能性が高いです。日本には“お客様は神様”という文化がありますが、こちらには客を客扱いしない店が多いので、日本と同じ意識だと痛い目に遭います。だから電車が遅れたときなども、駅員に文句を言ってはダメ。『俺は別に悪くない!』と逆ギレされ、鉄道警察に突き出されることもあります」

 日本では誰もがしている「歩きスマホ」もやってはいけないそう。

「なぜなら盗まれるから。イギリスなどはスマホの中古市場が発達していて、盗品も高値で取引されていますし、スマホの盗難保険があるほど盗みが頻繁に行われています。人通りの多い都心部やショッピングセンターなどでも盗まれることがありますし、イタリア南部などの治安の悪い地域では、高価なバッグや腕時計なども力ずくで奪われます」

 一方で、訳もわからず“外国人っぽいフレンドリーな振る舞い”をするのもキケン。

「『国際交流しよう!』と街中で知らない人に話しかけたりアイコンタクトをしたりする人も時々いますが、一瞬で危ない人のカモにされます。また『ハイ!』のような軽い挨拶やハグなどはアメリカの文化なので、イギリスではやってはいけません。知り合いレベルの人にそれをすると、『そんな間柄じゃない!』と怒られるはずです」

トイレ 谷本氏も気づかずやってしまったのは「トイレのドアのノック」。

「こちらでは“早く出ろ”という意味に取られて、猛烈に文句を言われるので注意しましょう!」

【谷本真由美氏】
情報通信コンサルタント、著述家。ロンドン在住。ツイッターは@May_Roma。近著に『日本の女性がグローバル社会で戦う方法』など

イラスト/ミラクル沼尾
― 日常に潜む![実はやってはいけない]行動【5】 ―

日本の女性がグローバル社会で戦う方法

20~40代の悩める乙女に捧げる「女性の生き方本」

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中