賛否両論のチンポムが岡本太郎記念祭に出展

今年5月。東京・渋谷駅構内に展示されている故・岡本太郎氏の巨大壁画「明日の神話」に、福島原発を模した絵が付け加えられ、“事件”に発展したのを覚えているだろうか。

発覚直後にアーティスト集団「Chim↑Pom(チンポム)」が犯行声明を出し、YouTubeには絵を設置する動画も投稿され、所属メンバーが軽犯罪法違反容疑で事情聴取を受ける事態になった。

チンポムは男性5人、女性1人で構成されるグループだ。過去には広島市上空に飛行機雲で「ピカッ」という文字を描いた作品を発表し、問題視されたこともある。それもあってか、各メディアも一連の騒動を大々的に報道。日刊SPA!では彼らの主張をロングインタビューで紹介した

RollOverTARO!そうした一連の騒動で多くの非難を浴びた彼らだったが、なんと本家本元の岡本太郎の生誕100周年記念イベントに、その問題作「LEVEL7 feat.『明日の神話』」の製作模様を収めた作品を出展することがわかった。

出展されるのは10月15日に表参道ヒルズスペースオーで行われるRoll Over TARO!というイベントだ。チンポムのほかにも、現代美術家のヤノベケンジ氏、漫画家のタナカカツキ氏などが参加し、岡本太郎をトリビュートした映像作品が展示されるという。

確かに、騒動が起きた当初は「岡本太郎に対して失礼だ」「原発事故後に不謹慎だ」などの声が多くあった。だが今回、チンポムの作品が岡本太郎記念財団の主催するイベントに展示されるという事実は、そのような周囲の声に関係なく、当事者同士が才能を認め合った結果とも言えるだろう。

興味深いイベントとなりそうだ。

●一日限りの映像祭「Roll Over TARO!」

10月15日に表参道ヒルズスペースオーで開催。一日限りのオリジナルドキュメンタリー映像「岡本太郎」や若手アーティストによる映像作品の展示、さらに糸井重里氏らによるトークセッションも予定。岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト(http://taro100.jp/

取材・文/秋山純一郎

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中