山菜採り、紅葉狩りで「白い軍手は危険」

普段、あなたが何となくとっていた行動や良いと信じて行っていたことが、実は自分や周りに害を及ぼすとしたら……!? 業界特有のNG行為をジャッジしてみた

◆業界特有のこんなNG行為

<中学校の教員>

ネクタイ とある公立中学校では、クールビズでもないのに、教員が授業でネクタイの着用をしないように指導されている。

 これは、生徒による暴力行為などが問題となっている荒れた学校で、暴れる生徒ともみ合いになったときに、ネクタイを掴まれないようにするためだそう。確かに引っ張られて窒息なんてことになったらたまったもんじゃない。

<図書館の司書>

 図書室で借りた本が破けてしまっても、自分でセロテープを貼って補整修理……というのは、図書館にとってはありがた迷惑で、してほしくはないことだそう。なぜなら市販のセロテープやのりは劣化するため、結果的に本を傷めてしまうから。図書館司書は、本の修理に専用の用具を使用するので、万が一、破けてしまったときは、そのまま図書館に持っていき、その旨を伝えてくれればいいそうだ。

<猟友会の猟師>

白い軍手 もし山菜採りに山へ出かけるなら、決して白い軍手をはめていってはいけない。

 秋口になると度々ニュースにあがる「散弾銃による誤射死亡事故」。山梨にある猟友会に聞いた話によると、猟師は獲物となるシカを数十メートル先から狙いすます。その目印となるのが鹿のお尻。茶色いボディは森林に紛れやすく見えづらいので、遠くても目立つお尻の白い部分を標的にしているそう。その鹿のお尻に似ているのが、山菜採りに来た人が手にはめている白い軍手。これを鹿と見誤って撃ってしまうことがあるので、山へ入るときはできるだけ派手な色の服装にしたほうが安全だ。

― 日常に潜む![実はやってはいけない]行動【9】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中