レクサス「デボボボボボ!」、BMW「ベリバリバリバリ!」、セクシーサウンドはどっち?

今期利益2兆円が視野に入ったトヨタのレクサスから、豊満でセクシーなクーペRCが登場しました! レクサスのクーペは、ソアラの後継として発売されたSC以来。国産セクシークーペを待望してきたオヤジたちの胸が高鳴っております(たぶん)。そんなレクサスRCの最高峰と世界を代表するクーペ界のセクシー大将を比べてみました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

クーペ

セクシーさを例えるなら、M4クーペはスカーレット・ヨハンソン(?)、RC F(2トーンじゃないヤツ)は武田久美子か杉本彩で決まりでしょう!(担当K)

◆レクサス初のセクシーアイドルはBMW M4クーペに勝てるのか?

⇒【前編】はコチラ

 次、セクシーアイドルの命であるエンジン。BMWはこのM4に、初めてターボエンジンを搭載した。3リッターツインターボを限界チューンし、431馬力にまで高めてある。パワーと燃費を両立させる、近年のドイツ勢の常套手段だ。

クーペ

BMW M4クーペは3リッター直6ツインパワーターボエンジンで431馬力。ミッションは6速MTと7速DCT。M4はM3クーペの後継で、M3はセダンのみに(7速DCTのみ)。セダンがM3、クーペがM4ということで主要装備は一緒

 対するトヨタには、まだそんな強力なターボエンジンはない。心臓は古典的な大排気量V8。5000ccの自然吸気だ。最高出力は477馬力。とりあえずM4に勝った!

レクサス初のセクシーアイドルはBMW M4クーペに勝てるのか?

レクサスRC Fは5リッターV8エンジンで477馬力。下位グレードのRC350 は3.5リッターV6エンジンで313馬力。ともにミッションは8AT。ハイブリッドのRC300hもある。レクサスによればIS Fの後継ではないそうです

 じゃ、双方のエンジンフィールはどうか。これはセクシーアイドルの歌声のようなもので、猛烈に重要である。

 まずM4。サウンドは相当獰猛で、「ベリバリバリバリ!」と炸裂する。パワーもトルクも凄まじい。しかしどうもセクシーさが足りない。加速感が平板で盛り上がりに欠ける。フラットトルクというヤツである。

 一方RC F。サウンドは「デボボボボボ!」と負けず劣らず獰猛。しかも古典的で燃費が悪いぶん、高回転でのトルクの盛り上がりが明確だ。やっぱりセクシーさはデコボコ度がキモ。RC Fの勝ち!

 制限速度内でヨーイドンをやってみたが、M4はアクセル踏み出しのターボラグで出遅れ、そのままRC Fが僅差のリードを保ってゴール! M4敗れたり! 番狂わせだぜ。

 見た目の洗練度では一歩譲るが、RC Fは中身で非常に頑張っている。M4より140kgも重いけど、それを感じさせない軽快なコーナリング。乗り心地もRC Fのほうがしなやかで上質だ。なにしろすべてが軽くてラク。金持ちにはこっちのほうが好まれるに違いない。

【結論】
まだブランド力の差は大きい。しかしRC Fは、レクサス初のセクシーアイドルとして大健闘。トヨタは、今後不況になってもセクシー路線を見捨てず、次々とセクシーアイドルを投入していただきたい。継続は力なり

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中