20~40代女子が激白「男が気にする○○は大した問題じゃない!」

 低収入、ハゲ、あそこが短小など、男は自分の弱みを大問題と考えがち。それを実際に異性がどう見ているのかを、20~40代の働く女性へ聞いたアンケート結果の紹介を交えながら、女性4人の座談会で探る!

◆20~40代女子が激白「男が気にする○○は大した問題じゃない!」

20~40代女子が激白!男が気にする○○は「大した問題じゃない!」――「低収入でも生活できれば問題なし」(27歳)など、アンケートでは若い女性ほど男性の収入を重視していないようでしたが、みなさんはどうですか?

沙織さん(仮名・34歳):収入が低いことに甘んじている人は論外。貧乏から脱する意欲があれば付き合う時点ではアリ。

郁子さん(仮名・44歳):でも40代になると、「相手のせいで今の生活レベルを下げたくない!」って思うよ。外食代を多めに払うのはいいけど、ゴルフ代をこっちが出すレベルはイヤ!

藍さん(仮名・32歳):飲みに誘っても「お金がないから行けない」とか言う人は絶対ナシ。だから収入は重要ですね。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=755658

アンケート――では学歴は? アンケートでは「結婚に関係ない」(26歳)、「生活の役に立たない」(30歳)など「大した問題でない」と答えた人が最多の項目でした。

藍:気にする人、多いよね。女性に対してより、特に男同士で。

郁子:会社の先輩にも、50歳過ぎなのに慶應の話ばかりする人がいる! しかも自分は幼稚舎からでもなく大学からという(笑)。

彩さん(仮名・26歳):私はバカな人はイヤですけど、学歴自体は別に気にならないです。

藍:学歴は「ないよりはあったほうがいい」くらいだよね。

――じゃあ髪の毛も「ないよりあったほうがいい」くらい?

郁子:バーコードは切ないけど、潔いハゲは気にならないかな。

藍:清潔ならハゲでもいいよね。

郁子:ハゲよりフケがイヤ! 私はハゲ以外でもデブもけっこうなレベルまで平気。

沙織:私はデブでも元ラガーマンとか、機敏なら大丈夫です。

彩:私も。暖かそうだし。でもベルトがすごい下の人はイヤ。

沙織:逆に上すぎるのもイヤ!

――ベルトの位置が実は大きな問題なんですか。では身長は?

藍:初デートで「けっこう身長高いんだね」とか、あからさまに気にしてる男っていますよね。

彩:こっちは気にしてないのに。

郁子:……私、割と気にする。

沙織:高くていいことあります?

郁子:見栄えがいいでしょ。

藍:見栄えかぁ。私は見た目はブサイクでも何でも平気。

彩:私もむしろカッコよすぎる人のほうが苦手。清潔感があればブサイクでもいいです!

――救われた男の人も多いと思います。ではもうひと押し、セックスについても励ましを!

藍:初エッチで上手にできなかったことを異様に気にする人、いますよね。別に平気なのに。

郁子:お互い緊張してるんだしね。長く付き合う前提ならむしろ大きさが重要。小さすぎるのは気になる……。

彩:セックスしてるときに、大きさとかってわかります?

郁子:うん。「……おや?」って。

藍:私もありました……。「おや?」ってとき。

彩:えー! そういうときってどう反応するんですか?

郁子:普通に感じてるフリするけど、その人とは2回目以降はない。さすがに“入ってきました”って感じは欲しい!

藍:私も。この人とは二度とないと思いました。

沙織:ハゲにもデブでもチビにも優しかったのに厳しい(笑)。

郁子:まあ、テクで補ってくれれば大した問題じゃないかな。

――ホントですか? なら男性にも救いが……。

郁子:ごめん、ウソ。ちっちゃいのに頑張られても、「ポークビッツが一生懸命に何やってるのかな?」って思っちゃう。

― 「大した問題か否か」は人によってこんなに違った!【5】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中