「学歴なんて~」と言いつつこだわる人々の心理とは

 生き方や思想に関わるものは意識の個人差が大きい。その一つ、学歴への日本人の意識について、『人はなぜ学歴にこだわるのか』という著書を持つ小田嶋隆氏に聞いた。

小田嶋隆氏

小田嶋隆氏

「表向きでは『学歴にこだわる人を見ると引きますよね』とでも言っておくのが平均的な態度でしょう。ただ、自分の子供が中卒で社会に出ようとしたら、大半の人は『自分はいいけど世間が……』と説得するはず。そもそも『学歴なんて~』と言う人は、大学の序列程度の問題で『差がない』と言っているだけで、中卒と大卒の差などは考えていない場合が多いでしょう。誰もが内心では、学歴の有効性を知っているわけです」

 就職活動や就職後も、学歴の違いが物を言う場面は確かにある。

「ただ企業は、差別というより効率で学歴を重視している。たとえば100人から50人を選抜するとき、コミュ力で選べば評価がブレるし選抜に手間もかかる。家柄だと差別と言われるでしょう。一方で学歴なら、さほど文句は言われず手間もかからない。学歴での選抜は“あらゆる不平等の中でいちばん平等な不平等”なんです」

 なお高学歴=優秀とは限らない実情が「学歴なんて~」という意見の支持背景にありそうだが……。

「ただ大卒者は、日本という“空気読み社会”で空気を読んで大学に行った人なので、ホワイトカラー的価値観を身につけた安全な人なのは確か。いくら有能でも、勝新や永ちゃん的な人に入社されては企業も困るわけです(笑)」

 そして「学歴なんて~」という思想の支持基盤として、小田嶋氏は昨今脚光を浴びる“ヤンキー”の存在を挙げる。

「彼らが支持するEXILEなどには、ホワイトカラーの生き方には回収されない現場主義・実力主義の思想があります。そもそも芸能界が学歴度外視のヤンキー的な世界であり、彼らは『学歴なんて~』という人のロールモデルにもなります。一方ホワイトカラー側も、芸能人の不祥事や転落を見て、『カネがあっても教養のない人はああいう末路になる』という物語を消費しているわけですが(笑)」

【小田嶋隆氏】
コラムニストとしてコンピュータ、ネット、政治、スポーツなど多岐にわたる事象について執筆。近著に『「踊り場」日本論』(岡田憲治氏との共著)

取材・文/加藤カジカ 鈴木靖子 田山奈津子 藤村はるな 古澤誠一郎 山脇麻生 小原美千代(本誌) イラスト/花小金井正幸
― 「大した問題か否か」は人によってこんなに違った!【7】 ―

「踊り場」日本論

右肩上がりの指向から「踊り場」的思考へ

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中