ボージョレ・ヌーヴォー解禁で柳沢慎吾が深夜に大暴れ!

 11月20日といえば、毎年恒例、「ボージョレ・ヌーヴォー解禁」の日だ。毎年、新作のボージョレをいち早く飲もうと、深夜にカウントダウン・イベントが開催されるが、今年は一際にぎやかな解禁式となった。

 というのも、19日深夜にイオン品川シーサイド店で行われた解禁イベントに駆け付けたのは、柳沢慎吾! ボージョレカラーのネクタイでビシッと決め、「どーも、こんにちはー!!」(実際には深夜)と、ハイテンションで登場すると、会場に詰めかけた数十人のお客さんたちからは「慎吾ちゃ~ん!」と歓声が飛んだ。

【ボージョレ解禁】で柳沢慎吾が深夜に大暴れ!

解禁を祝い乾杯!

 この日はイオン「ボージョレ・ヌーヴォー解禁イベント」と題し、柳沢信吾のほかにタレントの豊田エリーやマスターソムリエの高野豊さん、それに、なぜか芸人の「むらせ」と「しまぞうZ」も登場。しまぞうZはテニスの錦織圭、むらせはサッカーの本田圭祐にそれぞれ扮し、モノマネ芸を披露した。会場に詰めかけた群衆が、似ているような似てないような2人のモノマネに微笑するなか、トークショウなどを経て、いよいよ解禁時間。「スリー、ツー、ワン、ゼロ!!」の掛け声とともに頭上のくす玉が割れ、今年のボージョレを味わうときがやってきた。

 マスターソムリエの高野さん曰く、「今年のボージョレは天候に恵まれ、フルーティな香りと味わいが素晴らしい」という。ちなみに、読者のなかには「毎年そんなこと言ってないか?」と思った人もいるだろう。ただ、「僕らも毎年『今年のは最高です』と言っていますが、実は『そんなでもないなぁ』と思うこともあるんですよ(笑)。けど、それを含めても今年の出来は本当にいいです」(高野さん)というので、今年は本当に“当たり年”のようだ。

 そんな当たり年のボージョレを、どんどん飲むゲスト陣。会の終盤に開かれたマスコミの囲み取材では、お酒の影響もあってか、より一層ハイテンションになっていた。むらせ(本田のモノマネ)が、「さすがイオンさん、持ってますね、グッジョブ」と失笑を買えば、この場は任せろと言わんばかりに「甲子園ネタ」や「警察24時ネタ」などを披露する慎吾ちゃん。主だったネタを次々に披露し「今夜はボージョレ飲んで、いい夢見ろよ!」と言い残して、颯爽と去って行った。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=752001

 時刻は深夜1時。多少お酒も入っているとはいえ、フルパワーで持ちネタを(恐らく全部)やり切り、詰めかけたお客さんどころか、マスコミや関係者まで爆笑させる姿は、まさに“名人芸”そのもの。フレッシュなボージョレと、熟成された慎吾ちゃんの芸を同時に味わえる、なんともお得な解禁日となった。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中