ローブルマ写真集が全国コンビニで発売開始!撮影現場に潜入【秘蔵オフショット付】

ローレグ&ローライズっっっ!

「ローレグ&ローライズっっっ!」(マイウェイ出版)

 ローレグ&ローライズな極小布地のファッションをテーマにした写真集が、全国コンビニで11月28日から販売される。ローブルマに代表されるローファッションを推奨する「日本ローレグ・ライズ協会(通称:ロー協)」公認となる初の写真集で、ロー協公式モデル16人がローブルマ、ローパンツなど、いまにも脱げそうなギリギリの姿を披露している。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/755244/lowsha_04

 表紙では“ジャパニーズフェチの最先端!!”とも謳われているが、実際にコスプレイヤー、自画撮り女子たちの間で注目されているホットなアイテムなのだ。

撮影現場オフショット

撮影現場オフショット(七菜乃)

 そこで、フェチイベント「フェチフェス」をはじめ、様々な現場でローファッションを目の当たりにしてきた記者は、写真集の撮影現場にも潜入。オフショットを撮影しつつ、関係者に「ローファッション」の魅力を聞いた。まずは、ロー協が結成した背景を、ロー協理事長を務める三代目葵マリーさんに聞いた。

「すべては、Tシャツブランド『思春期マーブル』のブルマスターK氏が、1枚ずつローブルマを手作り販売したことから始まりました。私は、ローブルマを履いた女のコたちが競う様にツイッターに自撮りをアップしていたものを見つけ、『ロー娘イケる!』とピンときて、協会の理事長を務める運びとなりました」(三代目葵マリーさん)

 写真をアップしている顔ぶれについても魅力を感じたという。

ロー協写真集掲載モデル

写真集掲載モデル(写真集より)

「多方面から集まってくれてるから、細い子から、ぽっちゃり、長身の子も居れば、筋肉質な子、ほんと様々。これだけジャンルが揃ってれば、必ず好みの女の子が出てくる。見て欲しい子、見たい人、と上手く流れが出来上がり、ロー協は大きくなったんだと思います」(同)

 たしかに、◯◯協会といえば、同じような顔立ち、ファッション、雰囲気のモデルがズラリと並んでいるイメージがある。しかし、ロー協モデルたちを見ていると、そのバラエティの豊かさに驚かされる。

「何と言っても、ギリギリって所ですね。見えそうで見えない。これですよ!」(同)と、目を輝かせながら語っていた三代目葵マリーさんは、撮影現場でもアグレッシブ。お尻の見せ方にこだわり、モデルと相談しながら、ぐいっとローブルマの位置を直しに入ることもしばしばあった。

 たしかに見えてはいないが、見えそう!そんなギリギリファッションを、公式モデルたちはどう感じているのだろうか?

 写真集の表紙モデルも務めている七菜乃さん(@nana7nano)は、「お尻の割れ目や、骨盤が綺麗に見えたり、体にちょっと食い込むところが、女体愛好家としては、すごくいいなと思いました。私的にはエロいというより、可愛いという印象でした」と語っており、実際撮影現場ではその骨盤の美しさにスタジオ中のスタッフが釘付けになっていた。

口枷屋モイラ

明るいスタジオに映える赤いローブルマ(口枷屋モイラ)

 他にも、「体育の時間にみんなこれ履いてたらやばいなぁ。あと漫画に出てくるパンツみたい」(藤崎ルキノ @noyumi)、「お尻が入らない!半分どころか丸出しで涼しい(笑)」(北見えり @eri_kitami)、「こんなにはみ出て大丈夫なの??と思いつつも、履き心地の良さと背徳的な開放感に病みつきになりました!」(口枷屋モイラ @mekemon)、「これが大人のブルマか……」(姫乃たま @Himeeeno)といった声も。

北見えり

お尻の接写撮影中にピース(北見えり)

 また、ファンからの反響も大きく、「『ウェストは細いのに意外としっかりしたお尻してたんだ』って驚かれることが増えました」(北見えり)と、魅力が再発見されたり、「イベントなどで無言でローブルをプレゼントされることが増えました」(姫乃たま)といった面白い展開にもなっているようだ。

 撮影現場で印象的だったのは、白いローパンツの上に、赤いローブルマを履いたスタイル。ローブルマをずらして下のパンツを見せたり、ローブルマを脱いで振り回したり……扱い方によってお尻の見え方が変わっていた。お尻だけでなく、骨盤、太もも、背中までもが、普通の衣装とは違う見え方をする点も面白い。

姫乃たま

180度開脚と相性バツグンのローブルマ(姫乃たま)

 最後に、モデルたちに撮影での裏話、見どころを聞いた。

「髪の毛で胸を隠しての撮影で『ちょっと見えてる!隠して~』という、やりとりが面白かったです(笑)ローライズもそうですが、見えそうで見えないのっていいですよね」(七菜乃)

「撮影した日はとても暖かい日で、テニスウェアの衣装で汗を拭ったりしているシーンがありますがリアルな汗です!」(口枷屋モイラ)

「破かれたパンストからのローパン、ジャージ&ローブルなど色んなパターンをお楽しみ下さい!」(藤崎ルキノ)

ローレグ&ローライズっっっ!

写真集裏表紙

「撮影現場でサインした契約書に『一枚も写真使われなくても怒らないでね』という内容の文章があったような気がするのですが、無事に使われたようでよかったです(笑)」(姫乃たま)

「同じローパンを履いてるのにお尻が入っているコがいたり、出てしまうコもいたり……衝撃でした。オール見どころです!」(北見えり)

 今回発売される写真集は2冊。まずは、11月28日『ローレグ&ローライズっっっ!』(マイウェイ出版、税込680円、A4、オールカラー96P)。続いて、DVD付きの写真集が三和出版から1月中旬に発売予定。写真集発売記念イベントの開催も予定されており、3月13日には、11月にもイベントを行った新宿ロフトプラスワンにて「第2回ローイベ」を開催するそうだ。 <取材・文・撮影/林健太>

ローレグ&ローライズっっっ!

ロー協! 公式モデル 16人登場!!

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中