年収300万円“庶民派フェラーリオーナー”の素顔

大乗フェラーリ教開祖・清水草一および庶民派中古フェラーリ専門店コーナーストーンズが主催する「大乗フェラーリミーティング」が開催。第7回目の今年は188台のフェラーリが集結しました。超絶スーパーカーのフェラーリを駆るオーナーとはどんな人たちなのか? 代表的なオーナー様を直撃しました!

フェラーリ

庶民派フェラーリオーナーの代表格・内田泰輔さん(左)&リアルセレブのランプ様(右)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=758176

マリオ高野=文 Text by Mario Takano
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆庶民派とセレブ、知られざるフェラーリオーナーの素顔とは?

 “フェラーリを買えば誰もがシアワセになれる!”この教えを布教するためのイベント、大乗フェラーリミーティングの現場にて、まさに「フェラーリを買って人生ウハウハ!」を謳歌するオーナー2名様と遭遇した事実を、ご報告します!

 フェラーリといえば世界の超絶大高級車。そのオーナーは、異次元の世界で暮らす雲上セレブばかりと思われがちですが、さにあらず!

 実はフェラーリは、中古ならごく普通のサラリーマンや、低所得の若者でもローンを組める経済的な信用さえあれば、誰もが購入可能なクルマなのであります。実際、今回のイベントでも、庶民的なオーナーがたくさん集まりました。

フェラーリ

フェラーリ348のオーナーの内田さん。憧れのフェラーリは地道に貯金をして30歳ぐらいで買えたらイイナという、極めてまっとう、かつ一般的なプランを温めていたが、庶民向けフェラーリ専門店「コナスト」での試乗後は「今すぐに買うしかない!」と決意

 そんな庶民派フェラーリオーナーの代表格が内田泰輔さん。年収300万円ほどのフツーの若者ですが、高校生の頃に、近所のオッサンが買った360モデナというフェラーリの美しさに魂を抜かれたことで、いつの日かフェラーリに乗ることを夢見たところ、弱冠25歳でいともたやすく実現。今年の春にフェラーリ348という、やや古めながらも瞬時にフェラーリだとわかるオーラを放つお買い得車を、頭金ナシの84回ローンで購入されました。車両本体は420万円で、支払いは月々4万円、ボーナス時14万円とのこと。420万円というと、新車ならせいぜいベンツのCクラスやクラウンの一番安いグレードの価格帯ですが、ちょっと目先を変えれば、誰もがビビる超絶スーパーカーが手に入るのですね!

 納車後半年の感想を尋ねると、「何もかもすべてが途方もなくウルトラ最高に激烈大満足」とのこと!

 昔と違い、今はフェラーリなどのスーパーカーは妙齢女子からドン引きされるといわれますが、内田さんの可愛い彼女は「最初は恥ずかしかったけど、注目されることが快感になりつつあります」とまんざらでもなさそうなご様子。残念ながら、可愛い彼女がいるのはフェラーリのおかげではなく、内田さんの資質によるものですが、二人の幸福度が、フェラーリによって大増幅されていることは間違いありません!

フェラーリ

フェラーリ458スペチアーレのオーナー、ランプ様

 そんな庶民派とは、明らかに別格のセレブオーラを発散させまくってたのが、ランプ様(仮名)。458スペチアーレという、新車で3390万円もする異次元マシンを、いち早くゲットされたリアルセレブです! しかし、ランプ様は「とりあえず一番高いのを買いましたよ、ガハハハ!」的なお大尽オーナーではなく、超絶ストイック系の運転ヲタク。最上級のフェラーリを買った理由は「この世でもっとも運転技術を磨けるクルマだから」で、ただひたすら自らのドラテク向上に人生のすべてを注ぎ込む、まるでイチローのような御仁なのであります。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/756294

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中