銀座のママ直伝「女のウソは、下半身にこそ表れる」

基本的にウソをつくのは悪とされてはいるが、本当のことばかり言っていてもうまく世渡りができないのも事実。トラブルを起こさないためのウソ、そしてウソの見抜き方。ウソをうまく利用すれば、人生は好転する!

◆銀座のママ直伝!「女のウソは、下半身にこそ表れる」

ますい さくら氏

ますい さくら氏

 同性に比べると、女性のウソはなかなか見抜きにくいもの。そこで、1万人の男女の生きざまを見つめてきた銀座の高級クラブのママ、ますいさくら氏に“女のウソの見抜き方”について話を聞いた。

「女性は『他人からどう思われているか』を常に意識しているので、ウソも矛盾が出ないように綿密に計算します。ウソも事前に心の中で反復するので、『この部分でこんな質問をされそう』という不安要素も把握できます。

 ただ、反復しているせいで流暢に喋りすぎてしまったり、相手の質問も『○○って思われるかもしれないけど……』と全部自分でフォローしてしまうこともあるので、女性の口数が急に増えたときは怪しんでみてもいいかもしれません」

 さらに、女性ならではの特徴として、「女のウソは体の先端を見ればわかる」とますい氏は語る。

「言葉や表情など、“見られている部分”に関しては、女性は男性よりも取り繕うのが上手ですが、相手が見えない部分は気が緩みがち。ウソをついている不安を和らげるために、無意識に髪や顔をやたら触りたがるのも女性に多い特徴です。他にも、銀座のお店の女のコたちを見ていて意外と多いのが、ウソをつくときに靴を脱いだり、足をブラブラさせて遊ばせているコ。気を張っているので冷や汗も見えない部分(足の裏)でかくのか、『あ、このコ今ウソついてるな』というときに限って、下を見るとハイヒールを脱いでテーブルの脚で冷やしていたり(笑)。見えない部分にこそ女の本音が出るのです」

 では反対にウソが見抜かれやすい男性にも共通点はあるのか。

「急に無口になったり、しどろもどろになるなどわかりやすいサインを出すのは“流されやすい男性”に多い気がします。常に受け身なので、ちょっと突かれたり想定外の質問をされた途端にボロが出てしまうんでしょうね。特に女性は洞察力が鋭く、“普段と違う行動や言動”に敏感なので、男性がウソをつく場合は『いかに自然体でいられるか』が大切。男らしく、大きくドンと構えていてください!」

<見抜き方のポイント>
女のウソは、見えない部分に表れる。足元チェックで本音を探るべし

【ますい さくら氏】
銀座で会員制クラブ・ふたご屋を経営。著書に『男と女 ウソのつき方 見抜き方』(講談社)、『銀座道 大人の粋な遊び方』(PHP研究所)

取材・文/青山由佳
― [上手なウソのつき方]で人生は変わる!【6】 ―

男と女ウソのつき方見抜き方

1万人の男と女の生き様を見つめてきた“銀座ふたごママ”

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中