死んだ後にヤクザも一般人もない!暴排条例でヤクザの葬儀開催は不可能に!?

葬儀

ヤクザが大挙して集まる葬儀の開催は不可能に?(画像はイメージです)

 ヤクザといえば昔から冠婚葬祭と密接な関係があると言われる。関東にある「ヤクザ専門葬儀店」の関係者を直撃した。

「ヤクザの葬儀は、あからさまに『○○組の葬儀』と謳うわけではなく、表向きは一般の葬儀と何ら変わりがありません。しかし、実態は『骨葬』と呼ばれる一種独特なものなんです」

 関係者によれば、「骨葬」とは骨壺のなかはカラの状態で行うもので、遺族が行う一般的な葬儀とは別に行われるのが通例だという。ヤクザはこれを資金集めに利用しており、当局からは条例施行以前から圧力をかけられているという。

「結局、遺族の了解なしに、ヤクザが勝手に葬儀場を借りヤクザ主催の葬儀をしているわけで、遺族にしてみれば『ニセの葬儀』と言ってもいい。そして、そこで香典を集め、組の運営資金に充てているというわけなんです」

 つまり、今回の条例施行はその「ニセ葬儀」にメスを入れるものとも言えるのだとか。

 では、当局の圧力を受けたヤクザ専門葬儀社は今後どのように対応するのか。関係者は続ける。

「資金集めの片棒を担ぐ『骨葬』は受けることはできないが、火葬する前の遺体の状態からの『普通の葬儀』なら、行ってもいいという解釈をしています。たとえ当局が口出ししてきても、そこは突っぱねるつもりです。死んだ後にヤクザも一般人もないでしょう。そこを区別したら、人種差別になってしまいますよ(笑)」

 しかし、厳しい監視下に置かれながら行うヤクザの葬儀は、その数自体を減らすだろうと予測する。

「資金集めをしたいがための葬儀をするなら、本家や組事務所など、彼らが所有する敷地内に限られます。ただ、ここでの葬儀は我々がもはや関与できるものではありません。ということは、カタギの人が直接香典を持っていける機会がなくなることも意味します。ヤクザ的には打撃でしょうが、事前に人を介して香典を持ってこさせるなど、資金集めは形を変えて続いていくとは思いますよ

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中