暴排条例施行で芸能界はどうなる? 「ヘタに口を割ったら業界追放」

 もともとヤクザとともに発展してきたとも言われる芸能界。在京の中堅芸能プロダクションの元幹部で、今も芸能界とパイプが太い人物は条例施行後の業界の動きについて、重い口を開いた。

「やはり芸能プロダクションとヤクザは、少なからずタニマチ関係であったり、ケツ持ち関係であったりします。ヤクザが芸能プロに出資して、売り上げに対して報酬を得る場合もあるし、芸能プロ側がケツ持ちを依頼して、毎月一定額を払ったりもします。ケツ持ちの場合、例えば大きな組がバックについていれば、芸能界でのパワーバランスも強大になり、仕事も得やすい。こうしてのし上がってきた人も大勢います」

 また、大物のヤクザには、フロント企業の内通者が必ず一人いるという。これはフィクサーやブローカーと呼ばれる人々で、その人物が仲介役となり、資金を提供したり、興行の仕切りをしたり、ライブやテレビ、CM出演をまとめるのだという。その際、ヤクザは興行の仕切り代のほかに、ダフ屋やテキ屋の利権でも収入を得ることになっている。

 こうしてヤクザと付き合いのあるプロダクションは、条例施行後は、仲介役のブローカーを強化して直接の取引の実態が明るみに出ないように細心の注意を払っているのだとか。さらに元幹部は特別な話ではないと前置きした上で、こう語る。

「演歌や俳優系のプロダクションは、実際はヤクザが代表だったり、顧問や役員の場合もあります。実際、知人のプロダクションでは、代表をカタギに移す手を打っていると聞いています」

 芸能界には「ヘタに口を割ったら業界追放」という不文律があり、それを十分に理解している“業界通のカタギ”と入れ代え、様子を見るのだという。

「線引きのはっきりしない条例は、大手がまず見せしめ的にやられるのが常なので、中小はそれをじっと待っている状態ですね」

 いずれにせよ、ヤクザが恐れるのは、資金源が断たれることにほかならない。ヤクザと付き合いのある人々の対応が当局、ヤクザ両者にどのような影響を与えるのか、今後も注視したい。

― ヤクザと付き合いのある人々の本音【3】 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中