「最近はAV女優がほんとにまともになった」――鈴木涼美×峰なゆかによるAV女優論vol.3

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論「日経新聞記者はAV女優だった!70本以上出演で父は有名哲学者」。『週刊文春』にこのような記事が掲載されたのが14年10月のこと。スッパ抜かれた(?)のは「『AV女優』の社会学」(青土社)で注目を集めた社会学者・鈴木涼美さん。11月末には「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)を上梓したばかりだ。

 新刊の発売を記念して、報道直後に週刊SPA!で3回に亘って掲載された漫画家・峰なゆか(『アラサーちゃん 無修正』『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』)との対談を完全版で公開! 女は本当に「身体を売ったらサヨウナラ」なのか? 性を商品化することの中毒性について徹底したフィールドワークを基に考察し高い評価を得た鈴木涼美。アラサー女性の恋愛とSEXの本音を描いた漫画で共感を呼ぶ峰なゆか。AV女優というキャリアを経て執筆業で活躍する二人が「性を商品化すること」の意味を改めて考える。

⇒【vol.2】http://nikkan-spa.jp/760444

峰:私たちがいたころって、今のようにAV女優の顔面レベルが高くなる前夜みたな時期でしたよね。

鈴木:そうそう。みんなが超かわいくなる、ちょっと前でした。

峰:そうなんですよ! 1年でも遅かったら、絶対に企画(ギャラの安い素人モノ、フェチ系に出ている企画女優)だったと思うからよかった。でも、あからさまに軽蔑される感じはありましたよね。

鈴木:借金があるって思われたり。

峰:とある女優さんに聞いたのは、ある日、大学に行ったらロッカーとかパソコン全部にその子のAVのパッケージが貼られてたって。

鈴木:すごい! 漫画みたい!

峰:それこそ実家の壁に落書きされるなんて話も聞いたし。

鈴木:AVへの垣根がある程度低くなってきたのは、AV業界が変わったのが大きいんですかね。

峰:それが一番大きいと思います。今までは事務所もヤクザっぽくて、そこにメンヘラとかヤク中を連れてくるのが王道だった。でもだんだん、そういう女の子の面倒を見るのはすげえ大変だって事務所も気付いたわけですよ。

鈴木:確かに(笑)。

峰:だからまずは雑居ビルとかじゃなくて代々木とか恵比寿に事務所を借りて、インテリアもオシャレにして、受付に女性を置いたり。スカウト側も戦略的にイメージアップをしたら、そのうち「蒼井そらちゃんに憧れてAV業界に入りました!」みたいな子がバンバンくるようになったっていう。

鈴木:今は引退してからも、ほかの仕事で活躍できますしね。前はほんとに飯島愛さんくらいで。それには峰さんもかなり一役買っていると思いますよ。

峰:そうですかねえ。

鈴木:あと最近では、元AV女優で今は主婦になった子が、経歴を明らかにして、ブログやツイッターを普通にやってたりしますよね。

峰:でも私、最初は本気で、AV女優になったら奴隷として海外に売り飛ばされるって思ってました。

鈴木:私も思ってました! やばい性病とかになって、最終的には手と足をちょきんちょきんて切られて海外へ……って。

峰:私も腕と脚は切られると思ってた! でも今はそんなイメージないですもんね。AV業界の人と話してても、「最近はAV女優がほんとにまともになった。みんな頭がおかしくない」って。

鈴木:その反面、メンヘラでリスカ跡があって摂食障害で……っていう子のセーフティネットがなくなっちゃいましたけど。

峰:今はリスカの跡があると、AVに出られないですもんね。

鈴木:せっかくクリーンになったのをブラックに戻す必要はないけど、今そういう子たちの受け皿になっているのが、サンキュー(3900円)とかの激安風俗店。

峰:前にそういう店で働いてる子に「普通のバイトしたほうがよくない?」って聞いたことあるんですよ。でも話をしてみると、その子にとってはコンビニでレジを打つよりもセックスしてるほうがラクなんだなあって。

鈴木:デリ嬢の友達は、あんまり時間を守らない子が多かったりするんですけど、でもそれはこっちが昼の論理で考えているだけで、その子たちにとっては、その日の気分で出勤を決めるのが当たり前。だから給料がほかの仕事と一緒になったとしても、デリや風俗の仕事を選ぶ子はい続けると思います。

峰:向き不向きというか、私の場合は立ちっぱなしの肉体労働みたいな仕事は絶対したくないし。

鈴木:私は乗り物酔いするから、バスガイドとか絶対無理だし、怒ってるのに笑ってなきゃいけないキャバクラより、AVのほうが全然楽しかった(笑)。

⇒【vol.4】に続く http://nikkan-spa.jp/760446

【鈴木涼美(すずき・すずみ)】
83年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。09年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)発売中。現在は日経新聞を退社し、執筆業を中心に活動

【峰なゆか(みね・なゆか)】
漫画家。アラサー世代の女性の恋愛観、SEX観を冷静に分析した作風が共感を呼び各誌で活躍中。「アラサーちゃん 無修正」(1~3巻、以下続刊)は累計40万部を超す人気作となり、14年7月には壇蜜主演でテレビドラマ化された

<取材・文/おぐらりゅうじ 撮影/尾藤能暢>

身体を売ったらサヨウナラ

夜のオネエサンの愛と幸福論

アラサーちゃん無修正3

アラサーちゃん最新刊!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中