「手がこわばって携帯電話のメールが打ちにくい」はパーキンソン病の予兆

<病気の予兆を見逃すな/医学ジャーナリスト・市川純子>

 その不調は病気のサインかも!? 私たちを襲う危険な病気とその予兆を、ケーススタディで紹介します。

◆胡蝶蘭の配達のときに小さな段差で転ぶ

手がこわばって携帯電話のメールが打ちにくいは、パーキンソン病の予兆!? Fさんは、胡蝶蘭をメインにしている生花店を経営していました。近くの大きな劇場からは、座長公演が変わるたびに胡蝶蘭や盛花の注文がきます。長い公演で1か月。その期間、楽屋においてある胡蝶蘭のアフターケアを毎日行っていました。それが評判になって、今では企業の開設祝いなど都内全域にクライアントができました。高い胡蝶蘭は10万円前後。それをオーダーしてくれるお客様たちの信頼は裏切れないと、いつも真面目に取り組んでいたのです。

 そんなFさんは最近、配達のときに重い鉢を持つとバランスを崩すようになりました。50を過ぎて筋肉がなくなったからだと思っていましたが、何も持っていないときも小さな段差でつまずくようになりました。捻挫した足首の腫れがひかず、近所の整形外科に行くと、医師からこう告げられました。

「Fさん震えがありますね。これは、骨や筋肉の問題ではないかもしれません。紹介状を書くので神経内科を受診してください」。

 神経内科での診断はパーキンソン病の疑いでした。確かに、以前から花切りバサミを持つ手が震えてきたり、手がこわばって携帯電話のメールが打ちにくいと思っていました。パーキンソン病は長い闘いになりそう。まずは体力をつけ、仕事を長く続けるためにも、病気を進行をさせないような何かをしたいと思いました。

◆栄養療法、食事療法、気分転換などをうまく組み合わせ病気とつきあう

 数多くのパーキンソン病患者の治療にあたる、鎌倉のスピックサロンメディカルクリニック(http://www.spicclinic.com/menu/drop/glutathione.html)の柳澤厚生院長は、「パーキンソン病は手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きだしがしにくくなるなどで、徐々に症状が進行する原因不明の病気です。中脳の黒質ドーパミン性神経細胞の変性により、神経伝達物質であるドーパミンの産生が減少し症状が現れます。高年齢層で発症することが多いですが、若くして発症されるケースもあります。

スピックサロンメディカルクリニックの柳澤厚生院長

スピックサロンメディカルクリニックの柳澤厚生院長

パーキンソン病は重症化するまでは、症状が落ち着いていて調子よく見える日と、症状が強く現れてひどくなったように見える日を繰り返しながら、ゆっくり進んでいくという特徴があります。通院しながら投薬、点滴などの栄養療法、食事療法、気分転換などをうまく組み合わせ、病気とつきあっていく必要があります。進行すると介助や介護が必要となり、周りの家族や知人にも大きな負担がかかることもしばしばです。

私のクリニックではパーキンソン病の患者さんに対して栄養療法で、震えのケアを主にやっています。震えをとめることで仕事や家事がしやすくなるだけでなく日常生活にも前向きになれるようです」と語っています。

【市川純子】
1961年栃木県生まれ。私鉄系広告代理店、PR 会社を経て、2004年ヘルスケア、スキンケア、栄養および食に特化したPR 会社「株式会社ジェイアンドティプランニング」を設立。20年以上ヘルスケアのビジネスをサポートすると同時に、数多くの疾病啓発や生活提案に取り組んできた。医療全般、スキンケア、栄養療法などが得意分野。製薬会社、医療機関、化粧品会社、食品会社などのクライアントを数多く受け持つ。著書に『危険な病気の意外な予兆69』(宝島社)がある。
ジェイアンドティプランニング http://www.jtplanning.biz/
ブログ http://ameblo.jp/ebisuonnashacho/

危険な病気の意外な予兆69

左の肩が痛いのは心臓からのSOS?

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中