『ポケモン』制作陣がスマホ版ゲームリリースで成功したワケ

スマホゲーム市場が大きな盛り上がりを見せる中、家庭用ゲームでヒット作や話題作を手掛けたクリエイターたちが、続々と新たなスマホゲームを生み出している。彼らは、どのような理由でスマホゲームを手掛けるのか。最新の注目タイトルを手掛けた、3人のクリエイターに話をうかがった。

◆『ポケモン』で知られるゲームフリークの新たなチャレンジ

田谷正夫氏

田谷正夫氏

『ポケットモンスター』シリーズを手掛けるゲームフリークが、初のパブリッシング作品としてニンテンドー3DS(以下、3DS)でリリースした『ソリティ馬』。競馬好きのスタッフがアイデアを出し合い、完成させた『ソリティ馬』は、「日本ゲーム大賞2014」の特別賞を受賞するなど、高い評価を獲得。基本プレイ無料で遊べるスマホ版も配信中だ。発起人の一人である田谷正夫氏に開発秘話などをうかがった。

――ソリティアと競馬を融合させたゲームが誕生した経緯から教えてください。

田谷:競馬好きの開発スタッフが何人か居て、何かオリジナリティのある競馬ゲームを構想できたら、作ってみたいね、という話はもう何年も前からしていました。そんななか、社内でゲームアイデアを持ち寄るような動きがあったときに、私はカードゲーム要素をミックスした競馬ゲームの企画を出したりしました。

 それは、一定のルールに従ってリズミカルにカードをトントンと取っていくことで馬を操る、というような、騎手視点のゲームだったので、今にして思えば、大ざっぱなフレームとしては、『ソリティ馬』に近いものだったと思います。

 ただしそれ自体は、具体的なプロジェクト化を前提としたものではなく、「新しいゲームのアイデアを出し合おう」みたいなノリで、有志のみが参加するようにして始まったものでしたので、詳細な仕様を詰めるような動きまでは至りませんでした。

 そんなあるとき、“ギア”という社内制度がはじまり、一定数の賛同者を募ることができたら、オリジナル企画のプロトタイプを業務として作っていい、という話になったんですね。

 また、ときを同じくして弊社の一之瀬(同じく競馬好きで、『ソリティ馬』のプランニング&サウンドを担当することになる)が、スマホでいろんなタイプのソリティアが入っているアプリを見つけてきたんです。そのなかの1つに、ゴルフというルールのソリティアにハマっていまして、「“ソリティア(ゴルフ)”と競馬を融合させたゲームをいっしょにギアで作らない?」と、以前に似たイメージの企画を出していた自分に持ちかけてきてくれたんです。

 そのアプリをしばらく遊んでみているうちに自分も熱中してしまい、タイムアタックの世界ランキングで、自分の名前が上位に入るくらいまでやり込んでしまって(笑)。それで、「これは確かに中毒性があるし、タイムを削るために一瞬の判断が問われるような部分が、競馬のようにスピードを競うスポーツとうまくマッチするかも?」と感じたので、思い切って、そのギア制度のプロトタイプ作りに参加してみることにした、というのが経緯です。

――ハードを3DSに選んだ理由はありますか?

田谷:3DSを選んだ理由は大きく2つあります。1つは、弊社ではこれまでずっと任天堂さんのゲーム機で『ポケモン』シリーズの開発を手がけていますので、自分を含めて、社内に開発のためのノウハウがある程度、蓄積していたことです。

 自分はプログラマーでもあるので、新しいハード、新しい開発環境にチームが適応するまでのさまざまな準備も業務の1つなのですが、ギア制度では、3ヶ月の制作期間を経た段階で、ある程度、魅力が伝わるものを作れなければ打ち切られてしまうというルールがありました。ですので、その準備期間をできる限り圧縮して、すぐにでもゲームのおもしろさを目に見える形にしなければ、という焦りがありまして。それで、すぐに開発を開始できる3DSを選びました。

 もう1つは子どもみたいな理由ですが(苦笑)、やっぱり任天堂さんというのは小さい頃から憧れの対象なんです。ゲームを作る立場になっても……と言うか、なったからこそ、世に出てくる作品を見ては、ますます「凄いなぁ」という思いを強くしています。自分が最初に作るゲームは任天堂さんのプラットフォームで世に出したい、という気持ちがありました。

――『ソリティ馬』は、日本ゲーム大賞2014で特別賞を受賞するなどしています。配信後の反響や盛り上がりは、想像以上のものでしたか。それとも想定内だったのでしょうか。

ソリティアと競馬ゲ ームが融合した意欲 作

ソリティアと競馬ゲ ームが融合した意欲 作

田谷:さすがに、日本ゲーム大賞までいただけることになるのは、完全に想定外のことでした。内示をいただいた後も、授賞式当日までは「何かソソウがあったら取り消されるのでは」と思ってビクビクしていたほどです(笑)。そういう意味では、想像以上の評価をいただけたという実感があります。

 ただ、リリース直後については、プレイしていただいたユーザーさんからの評判はよかったものの、売上本数という意味では伸び悩みました。そこで、運営スタッフがブログやツイッターを通じて情報を発信したり、公式大会である“ゲーフリカップ”を開催したりと、地道な努力を続けていたのですが、初期のユーザーさんがそういうのを見て応援してくれたり、周囲にお勧めしてくれたりしていたのが本当に嬉しかったです。

 そのおかげで、「『ソリティ馬』ってウワサはたまに聞くけど、実際どうなの?」くらいに思っている方がジワジワ増えていたのだと思いますが、そういうタイミングで、伊集院光さんや渡辺浩弐さんといった、ゲーム通の著名な方に、「『ソリティ馬』がおもしろい」という情報を発信していただきました。

 さらに、無料の体験版を開発して配信したこと、任天堂さんの特売セール対象商品として選んでいただいたことなど、いいタイミングで、話題になるようなネタがポンポンと続いて、一気にユーザー数が拡大したという感触です。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/765516

【田谷正夫氏】
ゲームフリークのプログラマー。『ソリティ馬』や『ポケットモンスター』シリーズなどに携わる。本作ではディレクションを担当。

【ソリティ馬】
ソリティア(ゴルフ)と競馬ゲームが融合した意欲作。基本プレイ無料(アイテム課金制)で手軽に楽しめる。詳細は、http://www.solitiba.jp/

取材・文/黒田知道
(C) 2014 GAME FREAK inc. All Rights Reserved.

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中