ヘルプ嬢を使って荒稼ぎ…ママほど素敵な商売はない!?

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その48 ―


ヘルプ嬢を使って荒稼ぎ…ママほど素敵な商売はない! 忘年会シーズン真っ盛りで、夜のネオン街に繰り出す人も多いことでしょう。そこで気になるのが、俗に言うママという存在だ。銀座、六本木の高級クラブのママというと、昔は黒木瞳とか、今なら井川遥なんかが似合いそうだけど、そんなビジュアルに長けているママはほんのひと握り。あとは「家政婦のミタ」じゃない、「家政婦は見た」の方の市原悦子みたいな人ばかりで、よくまあそんな枯れた色気で、お客さん呼べるよなと、いつも感心させられる。

 枯れたママが権勢をふるえるのは、永久担当、ボトル制があるからこそである。クラブで働く女性は、大きく3つに分類される。偉い順に「ママ」、自分で客を持っている売れっ子ホステスが「ウリアゲ」、若いだけが取り柄の「ヘルプ」の順である。普段あのコ可愛いなあ、口説いちゃおうと思っているのは、ほとんどヘルプ嬢で、彼女らは日給か時給のお給料制である。

 じゃ、ママやウリアゲはというと、最近は不景気なので、最低保証をつける店も多いが、基本歩合制である。歩合というのは、売り上げ金額に対する、比率で5割あたりが攻防ラインとなる。

 例えば可愛いヘルプ嬢がいるからと、友達に連れられてクラブに行ったとする。その可愛いコに対して、シャンパン入れようが、お金は、担当のママの懐に転がりこむシステムになっている。連れてってくれた友達は、最初からママの客として、未来永劫がんじがらめになっている。言わば鵜飼いで言うところの、鵜に食われる川魚ってとこだ。鵜匠はもちろんママ、鵜はヘルプ嬢、ママの指令を聞いて、ぱっくりと客をカモる。けど儲けた金は、鵜匠に吐き出させられる悲しい運命なのだ。

 ヘルプ嬢は頑張っても、成果がなかなか現金に化けない。同伴とかアフターとかはあるけど、それこそノルマをこなすのがやっとで、儲けるというよりは、罰金を防ぐのに精一杯のコが多い。

 じゃ例えば連れてってもらった客はどうなんだ。そういう客のことを「枝」という。最初の客が「幹」だから、枝扱いになる、そういうことだ。「枝」の客が、新たにボトルを入れようが、やはり最初の「幹」担当ママの売上げになる。例えばニューボトルを入れて8万円飲みましたとなると、ちょっとした計算式があって、俗に言う「純」の部分、税・サを乗せる前の純然たる売り上げで計算する。全部で8万円なら、店によって計算が違ってくるんだが、純で5~6万円、その半分ぐらいママの取り分となる。

 ここまで書くと、どう考えても不満たらたらなのがヘルプ嬢たちだ。だってママじゃなくて、自分目当てに客は来ているのに、なんら売り上げに反映されないからだ。客はお気に入りのヘルプ嬢に「係り」という担当になれと言うが、それがまかり通ることは絶対ない。それを譲ったら、ママの商売あがったりになる。

 ヘルプ嬢は、お金を落としてくれそうな客数人を見つけたら、さっさと移籍するに限る。新しい店なら、例えヘルプ嬢でも、呼んで来た客は担当になれて、ママほどにはならないが、多少の歩合で稼げる。基本給プラス歩合だから、そこそこの金になる。ママとしてのし上がるなら、女王蜂の巣立ちのように、次の新天地を見つけて、自分の王国を築くしかない。

 それにしても、市原悦子級のママのところに、なんでそんなに客が集まるか。多分、昔若い頃、やってしまい、それが腐れ縁で通わざるを得ない状況なんだろうな。

 股は若いうちに使え。

木村和久

木村和久

 まあ、そういうことだよね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中