早大駅伝監督は2ちゃんねるもチェックしていた

早稲田大学・渡辺康幸駅伝監督 ’10年から’11年にかけ、学生三大駅伝を制した早稲田大学の渡辺康幸駅伝監督が、来年3月の任期満了にともない勇退することを発表した。三冠だけでなく、大迫傑など日本代表を育てた手腕は高く評価されている渡辺監督に、自分がどんなタイプの指導者かを聞いたところ、話は意外な方向に展開していった。

「僕は個人の選手を育てるのはうまいと思ってるんです(笑)。反対に、組織作りの面では東洋の酒井(俊幸)君や、駒澤の大八木(弘明)さんには敵わない」

 自分の力が不足している面があると認めているということなのだろうか?

「はい、そのとおりです(笑)。ただ、早稲田には僕以外に2人のコーチがいますし、そのほかにもスタッフがいて、役割分担しているわけです。僕の目の届かないところまで、きちんと彼らの目が行き届けばなんとか戦える。ただ、それでも競り合いで負けたり、悪条件になると弱いとか、そうなってしまうと『早稲田は甘い!』と叩かれてしまいますが」

 そういう批判は耳に入ってくるのだろうか、と聞いたところ、「けっこう、僕は2ちゃんねるの書き込みとかも見ますよ」との答えが。目の毒ではないのだろうか?

「そうでもないですよ。掲示板の中には早稲田大学競走部のスレッドも立っていて、区間配置の予想とかも書かれていますが、こういうふうに見られているんだなって」

 だが、それらの意見を気にすることはない、と渡辺監督は断言する。

「これは2ちゃんだけじゃなくて、いろいろなところからの批判があっても、自分が気にしなければうるさくないです。結局、自分の問題。批判はどのチームにもあるものです」

 長らく低迷していたチームを再建した渡辺監督。「ウチは三冠を達成したあとになんとか踏みとどまっている状況ですよ。まったく余裕がない。苦しい(笑)」と笑いながら語っていが、批判などにブレることなく自らとチームの置かれている状況をしっかりと見極めていることを感じさせるエピソードだ。

※12/16発売の週刊SPA!「エッジな人々」では渡辺康幸監督のロングインタビューを掲載中!!

本誌構成/生島 淳 撮影/高須 力 再構成/SPA!編集部

週刊SPA!12/23号(12/16発売)

表紙の人/筧美和子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中