企業による大量の水使用が「世界の水危機」の要因に

企業による大量の水使用が、世界の水危機の要因に!?

中国の水不足は特に深刻だ。完全に水のなくなった貯水池に、干上がった貝や魚が(雲南省陸良県) /(C)Lu Guang / Greenpeace

 地球温暖化が原因とみられる異常気象、農業用水や工業用水の大量使用、巨大ダムによる河川の流量激減……。世界的に水資源の危機が深刻となり、水をめぐる戦争までが起きうる状況となっている!!

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=766771

 雨が多く、水が豊富にある日本では、世界の水危機に対し危機感が乏しい。しかし、水ジャーナリストの橋本淳司氏は「企業活動は水資源に大きく依存しています。特に今後は、水のことをしっかり考えていかないと活動できなくなるのです」と警告する。

「企業はその生産過程で、加熱や冷却、洗浄処理などに大量の水を使っています。例えばTシャツ1枚作るのにも、原材料となる綿花を育てるなどで、2900リットルの水が必要だと言われています。中央アジアのアラル湖は世界第4位の大きさを誇る湖でしたが、日本を含む先進国のアパレル産業向けの綿花生産のために、今やほぼ消滅してしまっています。アラル海に流れ込むアムダリア川とシリダリア川の過剰な灌漑がその原因です」

 今後、地球温暖化の進行や世界の人口増などから水リスクはさらに増大してくという。

「’25年には、インドやタイ、中国などで水不足が深刻になるとみられており、こうした土地で日本企業が生産活動をできなくなる恐れがあるのです。既に投資家達は、企業が抱える水リスクに着目し、投資するか否かの判断材料にしています。また、イギリスのNGO『CDP』(カーボン・ディスクロージャープロジェクト)は、機関投資家にかわって大企業に質問状を送り、その企業がどれだけ水を使っているのか、調査を行っています。今や、何の対策もなく大量に水を使う企業は、無責任でリスクのある企業としてみられるようになっているのです」(橋本氏)。

 海外の大企業には、水の使用料を減らそうと努力する企業も増えているという。

「例えばジーンズメーカーのリーバイスは、節水型の綿花栽培や水を使わない染色方法を開発するなどしているのです」(橋本氏)。

 世界の水危機は、企業にとっても重大な課題なのだ。

※12/16発売の週刊SPA!では「[水戦争]勃発までのカウントダウンが始まった」という特集を掲載中

企業による大量の水使用が、世界の水危機の要因に!?取材・文/志葉玲 図/futomoji

週刊SPA!12/23号(12/16発売)

表紙の人/筧美和子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中